2018年もお世話になりました:今年のCyclingEXはこんなだった


いろいろなことがあったけれど、あっという間に過ぎ去ろうとしている2018年! CyclingEXの記事を1月から12月まで、振り返ってみたいと思います。


●2018年1月:鶴見川沿いのグラベル区間をGT GRADE ALLOYで走る

 

前年の2017年後半に続いて、GTのグラベルロードバイク「GRADE ALLOY CLARIS」をメインバイクとしてスタートした2018年。いつも鶴見川や恩田川をいったりきたりでしたが、ロードバイクでは舗装路ばかり選んで走っていて、それが当たり前のように思っていたのですが、タイヤが太いだけで走れる場所がずいぶんと広がるなということを、このときのポタリングであらためて実感しました。

リンク: 鶴見川沿いのグラベル区間をGT GRADE ALLOYで走る – CyclingEX


●2018年2月:SUZURIで作ったねこシルエットのサコッシュに仲間ができた

 

この頃は「SUZURI」でアイテムを作るのになぜかハマっていました。といっても、結局カタチになったのは過去に作ったデータをアレンジしたものだけでしたが……。でも少し売れましたよ。ありがとうございます!

リンク: SUZURIで作ったねこシルエットのサコッシュに仲間ができた – CyclingEX


●2018年3月:27.5インチMTBも!大型バッテリーとパワフルな走りを手にいれた電動アシストスポーツ「YAMAHA YPJ」のニューモデル4種

 

ヤマハからE-BIKE「YPJ」の第2世代が登場。大型バッテリーを搭載したMTBやコミューターなど、ラインナップも豊富です。試乗会、楽しかった。

リンク: 27.5インチMTBも!大型バッテリーとパワフルな走りを手にいれた電動アシストスポーツ「YAMAHA YPJ」のニューモデル4種 – CyclingEX


●2018年4月:受刑者脱走の影響でサイクリングイベント「グラン・ツール・せとうち2018」が中止に

 

2018年は「脱走」が話題になりました。日本一周中のサイクリストを装っていた容疑者もインパクトが大きかったですが、春にはこんなことも。容疑者の身柄が確保されたのは、この記事から2週間以上経ってから。しかも海を渡った広島県内でのことでした。

リンク: 受刑者脱走の影響でサイクリングイベント「グラン・ツール・せとうち2018」が中止に – CyclingEX


●2018年5月:700×35Cスリックのライトウェイ アーバンフルグリップタイヤをGT GRADE ALLOYで試す

 

700×35Cという太さで完全にスリックというのは、ちょっと珍しい存在。リーズナブルなこともあり、注目度が高かったようです。YouTube動画の再生回数も(CyclingEXのチャンネルとしては)好調でした。

リンク: 700×35Cスリックのライトウェイ アーバンフルグリップタイヤをGT GRADE ALLOYで試す – CyclingEX


●2018年6月:お気に入りのサイクリングコース × お気に入りのパン屋さん=幸せ

 

今年は、こどもの国(横浜のほうです)の近くにある「みちぱん」というパン屋さんによく通いました。日体大生を意識したボリュームのあるパンが、私を誘惑します。

リンク: お気に入りのサイクリングコース × お気に入りのパン屋さん=幸せ – CyclingEX


●2018年7月:熱中症対策をして真夏のロードバイクライフを楽しもう

 

夏のあいだ、よく読まれた記事です。今年の夏の暑さはすさまじく、また、各地で災害も相次ぎました。

ちなみにこの記事では、ダブルボトルのうちの1本は水にしてあって『1本をただの水にしているのは、身体にかけたり、口をゆすいだりできるから』と書いているのですが、後日、暑さですこしぼんやりしていたせいか、スポーツドリンクを身体にかけてしまいました……。

リンク: 熱中症対策をして真夏のロードバイクライフを楽しもう – CyclingEX


●2018年8月:結局のところ輪行にはオーソドックスな自転車が向いている

 

7月にいろいろな輪行グッズを試していたのですが、試した挙句に「輪行に向いたオーソドックスな自転車がよいんじゃないか」という結論に達してしまった話です。スルーアクスル用のエンド金具に、決定版がないんですよね。

リンク: 結局のところ輪行にはオーソドックスな自転車が向いている – CyclingEX


●2018年9月:【東京・町田】パンステージ エピソードでパンを2個食べるのがやめられない

 

パン屋さんネタ、その2。「みちぱん」もよいけど、やっぱり「エピソード」もいいよね……という話なんですが、やはり、どうしても、2個食べてしまいます。

リンク: 【東京・町田】パンステージ エピソードでパンを2個食べるのがやめられない – CyclingEX


●2018年10月:まえばし赤城山ヒルクライムの替わりに食べたいものを食べに行く小旅行

 

出来事としては9月末なのですが、それなりのモチベーションで挑んでいた「まえばし赤城山ヒルクライム」に合わせるかのように、台風が来襲……中止になる前に「たぶん中止、中止になっても走らない」と決め、気分転換のため前橋への小旅行へと切り替えました。タイ料理を食べて満足して、翌朝早々に退散!

リンク: まえばし赤城山ヒルクライムの替わりに食べたいものを食べに行く小旅行 – CyclingEX


●2018年11月:オーダーフレームの良さって何ですか?CHERUBIM/今野製作所・今野真一さんに聞く

 

ハードルが高そうに見える、オーダーフレーム。その良さってなんだろう、スチールフレームである理由は?——そんなお話を、CHERUBIM/今野製作所・今野真一さんに聞きました。

2019年は、このような取材記事を増やしていくつもりです。

リンク: オーダーフレームの良さって何ですか?CHERUBIM/今野製作所・今野真一さんに聞く – CyclingEX


●2018年12月:自転車用ライトの替わりに○○を使う人たち

 

不思議とページビューの多かった記事です。最後のiPhoneの話は極端にしても、マグライト握っている人、本当に増えましたよね。きっと「かしこい方法見つけた!」って気分なのでしょうけど。

リンク: 自転車用ライトの替わりに○○を使う人たち – CyclingEX


というわけで、書いた本人がただ振り返っているだけなのでどうということはないのですが、1月から12月まで、1本ずつピックアップしてみました。

自転車乗りとしては、ケガなく過ごせました。ただし風邪をひくことが多く、ここぞというときに乗れなかったり、ようやく体調を整え楽しみにしていたヒルクライムが中止になったりと、いろいろ噛み合わない部分もあったように思います。

CyclingEXのアクセス数の話をしますと、2019年は「かなり減少→急激に回復・増加→またまた大幅に減少→ちょい持ち直し」という感じで、かなり出入りが激しい1年でした。また、「クラウド●ークス」や「ラン●ーズ」で発注された記事を大量に掲載しているタイプの競合サイトには物量で敵うわけもないことを、改めて実感しました。

運営面では、2019年はやり方を大きく改めようと考えているところです。

2018年の更新はこれが最後となります。今年1年、おつきあいいただきありがとうございました。どうか、良い年末年始をお過ごしください。

関連記事: うまい棒、猛暑、写真談義!BRI-CHANの2018年を振り返る

関連記事: 2018年の自転車に関するもっとも熱いキーワードは「フリーパワー」だった – CyclingEX

(Gen SUGAI)