受刑者脱走の影響でサイクリングイベント「グラン・ツール・せとうち2018」が中止に


愛媛県今治市の刑務所作業所から受刑者が脱走した件を受けて、2018年4月14日(土)〜15日(日)に開催予定だったサイクリングイベント「グラン・ツール・せとうち2018」が中止されました。

平尾龍磨受刑者が、塀の無い刑務所として知られる松山刑務所大井造船作業場から脱走したのが、4月8日(日)のこと。丸1週間が過ぎましたが、受刑者の確保に至っていません。受刑者は広島県側の向島に潜伏していると見られているそうですが、途中、車を盗むなどしており、周辺住民の方々が不安な日々を送っています。

このような状況において、尾道や向島、因島などをコースとするこのイベントにおいて、主催者による14日(土)のプレイベント、および15日(日)のメインイベント中止という決断は、妥当であり仕方のないことでしょう。

なお、松山刑務所大井造船作業では1961年の開設以来、今回の平尾龍磨受刑者を含め、20人が脱走を図っています。

一方で1961年の開設以来、今回を含め20人が脱走。逃走中に事件を起こしたケースもあり、地域に少なからず不安を与えてきた。

情報源: 「塀のない刑務所」、開設以来20人脱走|愛媛新聞ONLINE

リンク: グラン・ツール・せとうち|広テレ!Web

(Gen SUGAI)