【東京・町田】パンステージ エピソードでパンを2個食べるのがやめられない


都内〜都下のサイクリストがよく集う東京・町田のベーカリー「パンステージ エピソード」。自分にとっての定番ポタリングコースである鶴見川の源流あたりに行った際には、立ち寄るようにしています。

こちらは今月初めにいただいた、フランクロール、そしてサーモンフライのハーフサイズ。

2個食べるのをやめたらどうだと、自分でも思わなくもありませんが、サーモンフライをフルサイズではなくハーフサイズにしている自分がえらいとも、思うのです。

さて、私が週末にエピソードへ行く際は、あえて夕方以降を狙っています。そのほうが空いているからですが、一方でその時間帯はパンの種類が少ないというデメリットもあります。

昨日「ガパオパン」というものを、初めて見たような気がしたのです。

卵が上に載ったその姿が気に入り、食べてみることに。

雰囲気は出ていると思いました!

風味は控えめですけど、パンそのものがおいしいのでね。

ちなみにこの日も、サーモンフライのハーフを買ってしまい、結局2個食べているという。

1個にしておけばいいのにと思いつつ、サーモンハーフ 160円、ガパオパン 180円、アイスコーヒーS 230円、合計615円(税別)で、満足度高し。

リンク: パンステージ エピソード

関連記事: お気に入りのサイクリングコース × お気に入りのパン屋さん=幸せ – CyclingEX

関連記事: 誰かにとっての日常は別の誰かにとっての非日常になる – CyclingEX

(Gen SUGAI)