GIANT 2019年モデル:シャープなエアロデザインが特徴のミニベロ「IDIOM」シリーズ


2018年モデルから、直線基調のエアロデザインに変更されているGIANTのミニベロ「IDIOM(イディオム)」シリーズ。2019年モデルでも引き続き、ドロップハンドルの「IDIOM 0」、フラットハンドルの「IDIOM 1」および「IDIOM 2」というグレード構成で販売されています。

●IDIOM 0

「IDIOM 0」は、最上位グレードのドロップハンドルモデルです。

photo_ジャイアント

GIANTのアルミフレームの中では「ALUXX SLR」に次ぐ上位グレードに位置する「ALUXX SL」グレードのアルミ素材を用い、コンポーネントはシマノ・ティアグラを採用。しかもフロントフォークやシートピラーはカーボンのものが使われています。

photo_ジャイアント

ETRTO 451のホイールはリムハイトが高めで、エアロデザインのフレームとも似合っています。

サイズは420mm(M)、価格は135,000円(税別)です。



●IDIOM 1/IDIOM 2

「IDIOM 1」と「IDIOM 2」は、フラットハンドル仕様。

IDIOM 1 photo_ジャイアント

IDIOM 1が18スピード(2×9)、IDIOM 2が8スピード(1×8)という違いがあります。

フレームはIDIOM 0と同じく、直線基調でエアロデザインおALUXX SLグレードアルミで、フロントフォークはアルミ製となります。

IDIOM 1 photo_ジャイアント

フラットハンドルモデルは、ハンドルポストが折りたたみ式となっているのが特徴で、輪行の際にコンパクトにできるだけでなく、自宅内で保管する際にも場所を取らないというメリットがあります。

価格は、IDIOM 1が78,000円(税別)、IDIOM 2が65,000円(税別)です。

リンク: 2019 Giant Bicycle

(Gen SUGAI)