コミコミ20万円で始めるロードバイクライフ 2015年版

今年もこの季節がやってまいりました。

「ロードバイクをはじめたい!」「予算はMAXで20万円」

そんなあなたに贈る「コミコミ20万円で始めるロードバイクライフ2015」のお時間です。

[追記:2016年版、できてます。前編後編]

ロードバイク初心者(これからロードバイクを始めようと思っている入門者)にぜひともおすすめしたいのが「最初の1台だからこそ、エントリーモデルでも構わないので「まっとうな自転車」を「まっとうなショップで」購入するということです。基本的にインターネット通販はおすすめしません。そして初心者の方には中古ロードバイクもおすすめしません。

加えて、CyclingEXでは「安くあげたいとしても、せめて予算は“コミコミ20万円”で」と提案・おすすめいたします。ロードバイク本体と必要な周辺グズッズを合わせると、ゼロから始める場合はだいたい20万円は見ておいたほうが良い……と考えてください。その内訳については、これから見ていくことにしましょう。

ロードバイクが欲しいと思う理由は人それぞれだと思いますが、基本はやはり「サイクリング」ではないでしょうか。街乗りメインで週末ちょっと走りに行きたいだけならクロスバイクが良いですし、クロスバイクでロングツーリングすることだってできます。それでもロードバイクが欲しい!という人は、そのスタイルも求めているのかもしれません。

今回は「予算はMAX20万円」と上限は設けつつ「始めるからにはあるていどちゃんと揃えたい」、そして「この春から始めて、夏には遠くまでサイクリングに出かけたい」という前提で考えてみました。

というわけで、先に周辺グッズから見ていきましょう。下記のようなものが必要です。挙げている製品はあくまでも一例とお考えください。なお、価格はすべて税別です。

1 ヘルメット:KABUTO FIGO(6,500円)

20_2015_001

スピードの出るロードバイクでヘルメットは必須アイテム。

FIGO | FIGO | OGK KABUTO.

2 アイウェア:KABUTO BINATO-X(6,000円)

20_2015_002

サングラスとして、そして跳ね石などから目を保護するために、アイウェアを用意。

BINATO-X | BINATOシリーズ | OGK KABUTO.

3 ヘッドライト:OWLEYE Head Light 5LED(2,900円)

20_2015_003

夜道を照らし周囲に自転車の存在を知ってもらうための必須アイテム。

ライトウェイ-OWLEYE | ライト | 004 | ヘッドライト 5LED.

4 テールライト:OWLEYE HighLux M5 テールライト(2,400円)

20_2015_004

こちらも言うまでもなく必須。

ライトウェイ-OWLEYE | ライト | 007 | ハイラックス M5.

5 ベル:CATEYE OH-2400(700円)

20_2015_005

あまり鳴らす機会はありませんが、道交法上は必要。この製品はいろいろなところに取り付けられるので便利。ちなみに最近のロードバイク完成車はベルが付属していることも多いです。

OH-2400|CATEYE.

投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。