COLNAGO 2017年モデル:扱いやすくオールマイティーな性能を目指した「C-RS」


COLNAGO(コルナゴ)の2017年モデルとして登場したカーボンフレームの完成車「C-RS」は、従来モデル「AC-R」の後継としてオールマイティーな性能を目指しています。

dsc06616

オーソドックスなルックスのC-RS。コルナゴのエントリーカーボンフレームというAC-Rの立ち位置を踏襲しつつ、現代的なスペックにリファンしたといったところでしょうか。

dsc06760

すべてのワイヤーが内蔵化されているのが特徴。

dsc06761

AC-Rはリアのブレーキワイヤーが内蔵ではありませんでした。

dsc06766

シートポストは27.2mmの丸型で、シートクランプはフレームに埋め込まれた斜臼式になりました。

dsc06625

ダウンチューブにはジルコ加工が施されています。機能というよりは、コルナゴらしさの演出でしょうか。

dsc06621

シートチューブとシートステーの接続部はこのような形状になっています。

ジオメトリーはコルナゴのレーシングモデルに近く、レーサーとしてみればヘッドチューブが長めですが、かといって長すぎることもないもの。メインコンポーネントはシマノ・105仕様とアルテグラ仕様の2モデルを用意、どちらもクランクは50×34T、スプロケットは11-28T、タイヤは700×25Cを標準装備します。

カラーは下記3色を用意(画像は本国サイトより)。

colnago-crs-crbb-1600x1085

CRBB(ブラック)。

colnago-crs-crit-1600x1085

CRIT(ホワイト)。

colnago-crs-crrw-1600x1085

CRRW(レッド)。

価格は、アルテグラ仕様が350,000円(税別)、105仕様が270,000円(税別)です。

ジオメトリーやパーツスペックは、COLNAGOのWebサイトで先行公開されているPDFで確認可能です。

情報源: COLNAGO JAPAN Official Blog: コルナゴ 2017ニューモデルのご紹介<NO1>

情報源: コルナゴ – COLNAGO

情報源: Colnago | The most successful bikes in the world(本国サイト)

(Gen SUGAI)