2016年度版!コミコミ20万円で始めるロードバイクライフ(後):ロードバイク本体編


2016年版!コミコミ20万円で始めるロードバイクライフ、前編ではグッズ類をまとめましたが、すでに総予算の半分に達しています。したがって、残りの約10万円がロードバイク本体の予算ということになるわけです。

実は毎年あまり代わり映えするわけではないのですが、今回は6モデルをピックアップしてみました。入門クラスですので、基本的にはどれも上体が起き気味の、リラックスした乗車姿勢を取ることができるものです。

●JAMIS VENTURA SPORT(税別89,900円)
http://www.jamis-japan.com/venturaseries.html

24_venturasport_li_rgb

Jamis(ジェイミス)でいちばん安価なロードバイクですが、見た目がなかなかきれいです。

●TREK 1.1(税込99,000円)
http://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/バイク/ロードバイク/パフォーマンスレースバイク/1-series/c/B214

29_trek_1_1

レースにも対応可能と謳われていますが、フィットネスやロングライドにぴったりの万能性を持たせた入門モデルです。

●MERIDA RIDE 80(税別83,900円)
http://merida.jp/lineup/road_bike/ride_80.html

26_ride80

ほぼ税込9万円ながらカーボンフォークが採用される、入門アルミロード。快適性を重視した設計。

●GIANT DEFY 4(税別85,000円)
http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000042

25_DEFY4

入門アルミロードにおける定番中の定番。乗りやすいモデルです。

●SPECIALIZED ALLEZ E5(税込90,800円)
https://www.specialized.com/ja/ja/bikes/road/allez-e5/106308

27_ALLEZ_E5

今回取り上げた中では唯一、どちらかと言えばレース向けの設計。フィットネス用途に。

●LOUIS GARNEAU LGS-CR23(税別86,000円)
http://www.louisgarneausports.com/lgs-cr23.html

28_cr23_lgred-ang

しなやかな乗り心地と直進安定性を重視しています。

以上、6台紹介しました。これらのバイクの価格と前編で紹介したグッズ類の価格を合計して消費税も足すと、バッチリ20万円に収まっています。コミコミ20万円で、格好はつきました。

もちろん、もっと予算があればより上位グレードのロードバイクを買うことができますし、前編で紹介したグッズも高いグレードのものを揃えることができるでしょう。懐具合とよく相談してください。

ちなみに「コミコミ30万円」の予算があるなら、10万円は旅費に回すとか、家族のクロスバイクを買うというのもアリではないでしょうか。

関連記事: 2016年度版!コミコミ20万円で始めるロードバイクライフ(前):グッズ編 – CyclingEX

関連記事: 15万〜20万円クラスのアルミロードバイク2016年モデルを15台ピックアップ – CyclingEX

関連記事: あなたにおすすめのタイプがきっと見つかる!2016年モデル版・初心者のためのロードバイクの見分け方・選び方 – CyclingEX

(Gen SUGAI)