GIANT 2021年モデル:太いタイヤで乗り心地がよい新定番クロスバイク 「GRAVIER DISC」

GIANT(ジャイアント)が「新定番クロスバイク 」と謳っているのが、27.5インチタイヤを装備する「GRAVIER(グラビエ)」シリーズ。今回は同シリーズ2021年モデルから、ディスクブレーキバージョン「GRAVIER DISC」を紹介。

GRAVIER DISCの2021年モデルは、一度ブラウンサイドのタイヤを採用した仕様が発表され店頭にも並んだが、その後ブラックサイドに変更となった。タイヤは変更前も変更後もKENDA K-1082 27.5×1.75。つまり色だけが変更となった。

続きを読む GIANT 2021年モデル:太いタイヤで乗り心地がよい新定番クロスバイク 「GRAVIER DISC」

GIANT 2021年モデル:走り込みたいエントリーライダーにおすすめの「TCR SL」

GIANT(ジャイアント)のレース向けロードバイク「TCR」シリーズと聞けばモデルチェンジしたばかりのカーボンフレームモデルを思い浮かべる人が多いと思うが、お求めやすいアルミモデル「TCR SL」も健在だ。

TCR SL 1 photo_ジャイアント

10万円台前半〜中盤のエントリークラスはコンフォート性能をアピールすることが多いが、TCR SLは深めの前傾姿勢が取れる、レース志向の設計だ。

続きを読む GIANT 2021年モデル:走り込みたいエントリーライダーにおすすめの「TCR SL」

本格的なオフロードにも対応するGIANTのエントリーMTB「TALON」がモデルチェンジ

GIANT(ジャイアント)のMTBラインナップの中で、本格的なオフロード走行に耐えられるエントリーモデルといえば、この「TALON(タロン)」だ。2021年モデルで、フルモデルチェンジしている。

TALON 1 photo_ジャイアント

2021年モデルのTALONは、27.5インチホイールのアルミハードテールである点は従来モデルから変わらないが、フレームの設計を見直したことで振動吸収性や路面追従性が向上。

続きを読む 本格的なオフロードにも対応するGIANTのエントリーMTB「TALON」がモデルチェンジ

あさひとGIANTのコラボモデル「ESCAPE R CITY」

あさひが、GIANT(ジャイアント)とのコラボモデル「ESCAPE R CITY」を発表している。

photo_あさひ

GIANTのベストセラー&ロングセラークロスバイク「ESCAPE R3」をベースとして、オリジナルのマットカラーを採用。

加えて、前後ライトとキックスタンドを標準装備するほか、通常ラインナップのESCAPE R3が700×30Cタイヤを採用するところ、このESCAPE R CITYは700×32Cを標準装備するのが大きな特徴だ。

photo_あさひ

価格は62,980円(税)。全国のサイクルベースあさひ各店の店頭のみでの販売だ(一部店舗ではお取り寄せ)。

情報源: あさひ限定ESCAPE R CITY | お知らせ | サイクルベースあさひ

関連記事: GIANTがESCAPE R3の2021年モデルを先行発売 – CyclingEX

(SUGAI Gen)

GIANT 2021年モデル:リア135mmトラベルになった「TRANCE X ADVANCED PRO 29ER 2」

GIANT(ジャイアント)が、フルサストレイルバイク「TRANCE X ADVANCED PRO 29ER 2」を発表している。

photo_ジャイアント

リア115mmストロークだったTRANCE 29ERから、リア135mmストロークとなって名称も「TRANCE X 29ER」へ。そしてリアまでフルカーボンのフレームを採用し今回登場したのが「TRANCE X ADVANCED PRO 29ER 2」だ。

続きを読む GIANT 2021年モデル:リア135mmトラベルになった「TRANCE X ADVANCED PRO 29ER 2」

GIANTの新たなオンロード向けE-BIKE「ROAD E+」と「FASTROAD E+」

GIANT(ジャイアント)が、新たなオンロード向けE-BIKE「ROAD E+」と「FASTROAD E+」を発表している。

ROAD E+ photo_ジャイアント

「ROAD E+」はドロップハンドルのロードバイク、そして「FASTROAD E+」はフラットバーロードバイクという違いがある。

続きを読む GIANTの新たなオンロード向けE-BIKE「ROAD E+」と「FASTROAD E+」

GIANT 2021年モデル:アルミフレームのXCモデル「XTC SLR 29ER 1」

GIANT(ジャイアント)が2021年モデルとして、アルミフレームのXCモデル「XTC SLR 29ER 1」を発表している。

photo_ジャイアント

「XTC」というモデル名はGIANTがXCモデルに使い続けているが、近年の日本市場ではカーボンフレームモデルのみが販売されていた。「アルミのXTCって何年ぶりだ?」と過去バイクを見たら、2015年モデル以来であった。

続きを読む GIANT 2021年モデル:アルミフレームのXCモデル「XTC SLR 29ER 1」

GIANT「TCX ADVANCED PRO」2021年モデルはD-FUSEに加えて丸型シートポストも使える

GIANT(ジャイアント)が、シクロクロスバイク「TCX ADVANCED PRO」の2021年モデルを先行発表している。

photo_ジャイアント

レーシングバイクがモデルチェンジすればさまざまな謳い文句が踊るのは当然のことで、この新型TCX ADVANCED PROも、剛性を維持したままフレーム&フォークで17%、260gの軽量化を実現。

そしてTCX ADVANCED PRO 0ではD型断面のシートポストが「CONTACT SLR D-FUSEカーボンポスト」へと進化し、よりしなりやすい形状で快適性の向上に寄与するという。

さらには、上位モデルにはフックレスの新型カーボンホイール「SLR 1 42 DISC Hookless」も採用された。

そんな中でとくに目をひいたのは、シートポスト(というかクランプ)に関する記述だ。

続きを読む GIANT「TCX ADVANCED PRO」2021年モデルはD-FUSEに加えて丸型シートポストも使える