GIANTがESCAPE R DROPの2021年モデルを先行発売


2020年モデルから登場した、ESCAPE Rのドロップハンドル版「ESCAPE R DROP」に、カラーが新しくなった2021年モデルが登場。

photo_ジャイアント

誰もが認める人気クロスバイク「ESCAPE R3」。それをきっかけに自転車にハマっり、フラットハンドルからドロップハンドルへ換装した——そんな人も少なからずいるだろう。もしくは今はフラットハンドルでも「いずれドロップハンドルにしたい」という人もいるはず。

photo_ジャイアント

そんなカスタム願望をメーカー自らカタチにしてしまったのが、この「ESCAPE R DROP」だ。ただし、昨年に登場した際も紹介したが、ただESCAPE R3をドロップハンドルにしただけの自転車ではないのが、ポイントだ。

photo_ジャイアント

簡単に言えば、フラットハンドルだった自転車をそのままドロップハンドルに交換すると、ドロップハンドルのブラケット部分が遠くなりすぎるという問題がある。そこでESCAPE R DROPでは、ESCAPE R3よりもトップチューブ(フレームの上辺の部分)が少し短かくて、ブラケットの距離が「いい塩梅」になるように設計されているのだ。

photo_ジャイアント

重量はいちばん大きなフレームサイズの500mmで10.9kgだから、エントリーグレードのスポーツ自転車としては十分に軽い。ハンドルの手前部分には、フラットハンドルの自転車と同じように握ることができるサブブレーキレバーも備わるから、初めてのスポーツ自転車にぴったりの1台だ。

価格:66,000円(税別)
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)mm 
重量:10.9kg(500mm)
カラー:メタリックグリーン、マットブラック、ホワイト

リンク: 2021モデル「CONTEND」「ESCAPE RX」「GRAVIER」シリーズなどを先⾏販売 – News

関連記事: GIANT 2020年モデル:ESCAPE R3乗りが一度は考えるアレが実現!?「ESCAPE R DROP」 – CyclingEX

(SUGAI Gen)