GIANT 2021年モデル:走り込みたいエントリーライダーにおすすめの「TCR SL」

GIANT(ジャイアント)のレース向けロードバイク「TCR」シリーズと聞けばモデルチェンジしたばかりのカーボンフレームモデルを思い浮かべる人が多いと思うが、お求めやすいアルミモデル「TCR SL」も健在だ。

TCR SL 1 photo_ジャイアント

10万円台前半〜中盤のエントリークラスはコンフォート性能をアピールすることが多いが、TCR SLは深めの前傾姿勢が取れる、レース志向の設計だ。

コンフォート性能を求める人に向けては「CONTEND(コンテンド)」シリーズがあるから、コンフォートになびく必要はナシ。TCR SLはあくまでもTCRらしく、というわけだ。

TCR SL 2 photo_ジャイアント

フレームはGIANT伝統の軽量な「ALUXX SL-Grade アルミ」で、フロントフォークはフルカーボンのものを装備。シートポストはエアロ性能と快適性をあわせもった、同社独自の「VARIANT COMPOSITE」が使われている。また、ホイール&タイヤはチューブレスレディが標準となっているのも特徴だ。

価格は、シマノ・105完成車のTCR SL 1が150,000円(税別)、シマノ・ティアグラ完成車のTCR SL 2が135,000円(税別)。

リンク: GIANT Bicycles | トップページ

※本稿執筆段階では、多くのメーカー・代理店で2021年モデルが在庫僅少や納期未定といった状態になっています。詳しくは取扱販売店にお尋ねください。

(SUGAI Gen)

投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。