鶴見川をサイクリング中に出会った「カワウ」

8月以降、意図して2019年モデルの話題ばかり掲載していたのですが、少し飽きたのでどうってことない日常の話を。

先日鶴見川沿いをのんびりと進んでいたら、川の中に黒い何かをみつけました。

わかりますでしょうか。黒い鳥が二羽います。

iPhoneしか持っていなかったのでこんな写真しか撮れなかったのですが、実際にはまあまあ大きな鳥です。



これ「カワウ」ですね。立ち止まってしばらく眺めていると、懸命に羽を広げて少し揺さぶっているようでした。

最初は求愛行動か何かかと思ったのですが……。

あれ、奥のほうにいたカワウも、同じように羽を広げています。

その場でさっそく検索してみると、カワウは羽を広げて乾かしながら休むことがあるようです。

カワウはときどき見かけるのですが、このように羽を広げているシーンは初めて見ました。

情報源: カワウ|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

情報源: BIRD FAN (日本野鳥の会) | カワウ

結構大きな魚を捕らえるらしいので、そんな場面も見られるかとしばらく眺めていましたが、なぜか私と目が合ってしまい、目線を外してくれません。こちらが根負けして、先に進んでしまいました。

(Gen SUGAI)





作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。