Cannondale 2019年モデル:フロントフォークがフレーム同色になった「CAAD12 COLORS」

Cannondale(キャノンデール)が誇るアルミロードバイク「CAAD12」に豊富なカラーを設定したフレームセット「CAAD12 COLORS」の2019年モデルが発表されています。

Meteor Gray (Matte) Photo_キャノンデール・ジャパン

2018年モデルで登場した「CAAD12 COLORS」ですが、2019年モデルでは全22色を展開し、フロントフォークがブラックからフレーム同色へと変更されました。

Mint (Gloss) Photo_キャノンデール・ジャパン

また、ロゴデザインを半透明としたカラーが追加されています。

以上のカラーが、新色です。

2019年モデルでは、付属するシートポストを変更することで価格も少し安くなりました。

サイズ展開及び価格は下記のとおりです。

●CAAD12 COLORS フレームセット
フレームサイズ:44、48、50、52、54、56、58cm
価格:125,000円(税別)

リンク: キャノンデール | Cannondale Bicycles

(Gen SUGAI)





投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。