FELT 2016年モデル:高性能アルミフレームに堅実スペックのロードレーサー「F75」

FELT(フェルト)のロードバイク「F」シリーズには、カーボンフレームのモデルとアルミフレームのモデルがあります。今回はアルミフレームの中では最上位グレードとなる「F75」を紹介。

9461711

アルミのロードバイクというと、ミドルグレード以上ではCANNONDALE CAAD12シリーズ、エントリーモデルでもCAAD8が話題の中心のように思いますが、FELT F75もなかなかのもの。

9461711a_m

フレーム素材を7005アルミで、設計思想自体はカーボンのFシリーズと共通なので、ジオメトリーはレース志向。見た目もカーボンのモデルとよく似ています。よく言えばシンプル、悪く言うと特徴がないルックスです。しかしBB周辺の歪みを最小限にしてスプリント性能を高め、一方でフレームの縦剛性を最適化して快適性も確保しています。

フロントフォークはカーボン(アルミコラム)です。2015年モデルはカーボンモノコックでしたが、アルミコラムに戻したのは、コストや、10万円代半ばのロードバイクを使うユーザー層を考えてのことでしょうか。

9461715_m

今、ロードバイクのBB規格には様々なものが存在する中、このF75はJIS(ねじ切り)規格のBBです。昔ながらの方式ですが、結局のところいちばん安心できるものではないでしょうか。そして、シートポストもごくごく一般的な27.2mmサイズ。専用形状だとそれしか使えませんが、27.2mmなら他のシートポストをいろいろ試すこともできますね。

9461712a_m

メインコンポーネントはシマノ・105。チェーンリングは50/34T、スプロケットは11-28T(11速)が付いています。

9461712_m

カラーはマットブラック、グロスホワイトの他に、とても派手なフルオロレッドがあります。

IMG_8548

実車を見ても、本当に派手です!

サイズは480、510、540、560、580の5種類で、重量は8.8kg。価格は158,000円(税別)となっています。

リンク: FELT公式サイト | フェルト ロードバイク

関連記事: 15万〜20万円クラスのアルミロードバイク2016年モデルを15台ピックアップ | CyclingEX

関連記事: オーソドックスな構成に好感が持てるFELTのロードレーサー「F Carbon」シリーズ | CyclingEX

(Gen SUGAI)





1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。