BRI-CHAN:BRIDGESTONE ANCHORのカラーオーダー例を4台紹介しています


CyclingEXが参加し毎週金曜に更新している、ブリヂストンサイクルのファンサイト「BRI-CHAN」。今週は「BRIDGESTONE ANCHOR」のロードバイクをカラーオーダーした例を4台紹介しています。

BRIDGESTONE ANCHORのカラーオーダーではいくつかのデザインパターンが用意されていますが、もっとも色の選択肢が多いのは、単色のものです。フレームカラーが最大38色、ロゴカラーが5色、そしてオーバーコート(表面仕上げ)が3種類から選択できます。

上の写真は、ロングライド向けカーボンフレームの「RL9」。

そしてこちらがRL9の弟分である「RL8」。

さらに、RLシリーズのアルミバージョンである「RL6」。こちらはフォークがブラックです。

最後に、おなじみネオコットクロモリの「RNC7」です(このアウトラインロゴは現在では選択できません)。

10万円台半ばの完成車でもカラーオーダーできる点は、ブリヂストンアンカーの大きな特徴です。

BRI-CHANではバイクを複数の角度やアップで紹介しているので、よろしければごらんください。

ブリヂストンサイクルのスポーツバイクブランド「BRIDGESTONE ANCHOR(ブリヂストンアンカー)」の自転車は、その多くのモデルでカラーオーダーが可能です。今でこそカラーオーダーを用意している量産ブランドが増えていますが、10万円台半ばの比較的リーズナブルな完成車でもカラーオーダーできる点は、ブリヂストンアンカーの大きな特徴となっています。

情報源: BRIDGESTONE ANCHOR カラーオーダー例紹介:シンプルな単色で仕上げたRL9/RL8/RL6/RNC7 – BRI-CHAN

●BRI-CHANとは
日本を代表する自転車メーカー・ブリヂストンサイクルのファンサイトとして、2016年1月よりスタート。CyclingEXが編集部(チーフブロガー)として参加しています。
リンク: BRI-CHAN – bridgestone greenlabel fan channel「ブリチャン」

(Gen SUGAI)