CENTURION 2016年モデル:お手頃価格のクロスバイク「CROSSLINE 30 RIGID」


ドイツブランドのCENTURION(センチュリオン)が送り出すクロスバイクには、質実剛健なイメージがあります。そのエントリーグレードが、この「CROSSLINE 30 RIGID」です。

IMG_8662

CROSSLINEシリーズの上位モデルはフロントサスペンションが付いているのですが、こちらはモデル名からもわかるとおり、サスペンションではないリジッドフォーク仕様。

DSC04804

アルミ製のフロントフォークで、まっすぐ伸びた形状が特徴。

DSC04807

タイヤは700×32Cと、クロスバイクとしては一般的な太さ。空気圧を高くしすぎなければ、フロントサスペンションがなくても乗り心地が悪いいということはありません。

DSC04812

前のギアは3段。

DSC04803

そして後ろのギアは7段。つまり合計21段変速です。

DSC04816

最近は入門クラスでも3×8段の24段変速が多いのですが、かといって21段変速で実用上足りないということもありません。

DSC04813

フレームの後ろのほうを見ると、安価なモデルなりに凝った作りをしています。

また、スタンドが標準装備されていて街乗りには良いですね。

DSC04801

ここには全てのカラーの写真がありませんが、レッド、グレーシルバー、グリーン、ホワイト、マットブラックの5種類が用意されています。

IMG_8665

フレームサイズは37cm、44cm、47cm、50cm、そしてマットブラックのみ53cmがあります。

価格は53,800円(税別)です。

リンク: CENTURION

注:本稿執筆段階では2016年モデル未掲載です

関連記事: あなたにおすすめなのはどのタイプ?2016年モデル版・初心者のためのクロスバイクの見分け方・選び方 | CyclingEX

(Gen SUGAI)