オーソドックスな構成に好感が持てるFELTのロードレーサー「F Carbon」シリーズ

ライトウェイプロダクツジャパンが取り扱うブランド「FELT(フェルト)」のロードレーサー「F Carbon」シリーズ。ここ数年は大きなモデルチェンジをしておらず、人によっては「地味」という印象を抱くかもしれません。しかしその中身は「オーソドックス」ゆえの魅力があります。

IMG_8538

Fシリーズにはカーボンフレームとアルミフレームがありますが、今回紹介するのはカーボンフレームのほう。上の写真は、完成車としてはもっとも上のグレードとなる「F4」です。

パッと見てすぐ気がつくのは、ワイヤー類が内装されていないこと。電動コンポへのアップグレードにも対応しています。

IMG_8542

カーボンのシートピラーは一般的な形状で、径は27.2mmです。

IMG_8536

メインコンポーネントはシマノ・アルテグラ。クランクは52/36T、スプロケットは12-25Tが装着されています。そしてBBはJIS。以前はBB30でしたが、2015年モデルでねじ切りになっています。

ちなみに、フレームセットのみで販売されるより上位のグレードは、2016年モデルでもBB30が採用されています。

IMG_8539

マットシルバーにカーボンブラックという、シンプルなカラーリングです。

以下、F Carbonシリーズの完成車ラインナップを紹介します。

●F4

2016_f4

シマノ・アルテグラ完成車
価格:328,000円(税別)

●F5

2016_f5

シマノ・105完成車
価格:248,000円(税別)

●F6

2016_f6

シマノ・ティアグラ完成車
価格:218,000円(税別)

ジオメトリーははっきりとしたレース向けのもので、基本性能については定評あるF Carbonシリーズですが、一般的なシートピラーやねじ切りBBといったオーソドックスな構成は、補修やカスタムのことを考えても魅力的です。

詳細は、ライトウェイプロダクツジャパンのWebサイトでどうぞ。

リンク: FELT公式サイト | フェルト ロードバイク

(Gen SUGAI)




投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。