ブリヂストン「HELMZ」が2020年12月末で販売終了


2020年9月、ブリヂストンサイクルからひっそりと「HELMZ」の販売を終了するというリリースが出ていた。

photo_ブリヂストンサイクル

街を走るための「スピードクルーザー」と銘打って、narifuri(ナリフリ)との共同開発で登場したのが、HELMZだ。

関連記事: ブリヂストンサイクル「HELMZ」発表会 – CyclingEX

発表会があったのが、2009年12月。いくつか発表された「ブリヂストンサイクル60周年記念モデル」のひとつだ。ブリヂストンサイクルは昨年(2019年)に70周年だったから、HELMZは10年以上販売されたことになる。

2013年には、ロードバイク用ホイールが使えるカーボンベルトドライブモデルが発表された。

関連記事: リアの歯数は変更可能!ブリヂストンサイクル・HELMZにカーボンベルトドライブのシングルスピードが登場 – CyclingEX

2015年モデルからは、カラーオーダーに対応。

関連記事: 完成車のカラーオーダーが可能になったブリヂストン「HELMZ」2015年モデル – CyclingEX

2015年には「HELMZ STAR WARS COLLECTION」なんてものもあって話題になった。

関連記事: 50台限定!ブリヂストン「HELMZ」に「STAR WARS COLLECTION」登場 – CyclingEX

narifuriの創業者・小林一将さんによるスケッチをそのままカタチにしたようなデザインで、かといって「デザインだけ」というわけでもなく、完成度の高さはブリヂストンならではといったところ。それゆえに「着崩す」のも難しい1台ではあった。

小林さんが会社を売却した後にnarifuriから出た自転車は、その反動みたいなコンセプトだった(どっちも好きだが)。

関連記事: CYCLE MODE international 2018:強い個性を放ちながらも乗り手の自由な発想を邪魔しない「charifuri CF01」 – CyclingEX

narifuriとブリヂストンサイクという異色の取り合わせに「次」がなかったのは、ちょっと残念ではあり。60周年の頃、ブリヂストンサイクルは他にもいろいろやっていたけど、そうした「異文化との接触」から、何かを得て今日まで息づいている——ことを、信じたい今日この頃。

リンク: HELMZ生産終了に関するお知らせ|お知らせ 2020|ブリヂストンサイクル株式会社

リンク: HELMZ

(SUGAI Gen)