CYCLE MODE international 2018:強い個性を放ちながらも乗り手の自由な発想を邪魔しない「charifuri CF01」

自転車に乗るときにうれしい機能と、街に溶け込むスタイルをもつアパレルブランド「narifuri(ナリフリ)」。その自転車部門である「charifuri(チャリフリ)」が、オリジナルフレームを発表しています。

自転車アパレルのnarifuriにおける自転車部門……そう、charifuriはnarifuriの自転車屋さんです。ブリヂストンサイクルと共同開発したストリートクルーザー「HELMZ(ヘルムズ)」、加えて近年では「birdy(バーディー)」も取り扱っています。

そしてついに、charifuriのオリジナル・クロモリフレームが登場したのです。

「CF01(シーエフワン)」と名付けられたそのフレームは、ドライブ側がエレベーテッドチェーンステーになっているという、とてもユニークなスタイルです。

エレベーテッドチェーンステーは、チェーンとチェーンステーを離すことでトラブルを回避できるというのがそもそもの存在理由だと思いますが、CF01では見た目のインパクトに加え、チェーンドライブでもベルトドライブでも使えて、コンポーネントの選択の幅を広めるという意味もあります。

実際、CYCLE MODE international 2018の会場でまず私の目に入ったのは、このベルトドラブ仕様でした。

ベルトドライブと内装変速の組み合わせですが、スライドエンドになっていて、シングルスピードやチェーンドライブの外装変速まで、幅広く使用できます。エンド幅は135mmです。

フェンダー用のダボだって備わっています。ちなみに700×42Cタイヤ+フルフェンダーに対応するとのこと。

フロントキャリアだって、装着可能。

チェーンドライブのシングルスピード仕様も展示されていました。

最初に紹介したのは太めのタイヤでしたが、細めのスリックタイヤも似合います。



さらに。

ドロップハンドル&外装多段変速で組んだサンプルもありました。

さりげなくHELMZのカモ柄バーテープが巻かれていました。

あえてVブレーキで組まれています。そう、このフレームはディスクブレーキ専用というわけではないのです。こんなところにも、パーツ選択肢の広さが。

HELMZでは意外と難しかったフロントダブルも、このとおり。

FDのワイヤーは上引きタイプですが、反転させる滑車が取り付けられるようになっていますよ。

HELMZはとても完成度の高いデザインであり、今でも一定の人気があります。個性的な見た目だけではなく、よく走るのも魅力的です。ただ、完成度が高すぎて「崩しにくい」自転車であるのも事実です。

そこで、もうひとつの選択肢として用意されたのがこの「CF01」というわけ。ひとくちに「自転車」や「自転車+ファッション」と言っても、その楽しみ方、考え方は人それぞれです。そんなユーザーの自由な発想を邪魔しない、一見とても個性的だけど、かといって出しゃばらない、絶妙なバランスを実現しています。

ちなみにエレベーテッドチェーンステーでかつ左右非対称ということで、強度や乗り味への影響も気になりますが、強度試験はまったく問題なくクリアできたとのことです。

ところで、「CF01(シーエフワン)」という、型番然とした製品名も「ネーミングでイメージが縛られないように」という考えから。そして、その製品名やcharifuriのブランド名はフレームに一切入らず……

ステッカーが同梱される予定です。

そのステッカーですが……

ミニ四駆ふうのボックスに、ユーザーガイドとともに収められるよう、準備が進められているそうです。

フレームセットにて2019年春発売予定、価格は未定ですが、比較的手が届きやすいものになりそうですよ。

リンク: narifuri ナリフリ オフィシャルサイト

リンク: Charifuriの記事一覧 | narifuri ナリフリ オフィシャルサイト

リンク: CYCLE MODE international 2018

(Gen SUGAI)