水辺の風景に心が和む


誰にとっても「心が落ち着く風景」というものがあると思いますが、私が近年になって気がついたのが「水辺が好き」ということです。サイクリングしているときも、川や水路、海が見えるとそれだけで和みます。

子供の頃から長いこと、鶴見川の流域で暮らしてきました。

その川沿いを自転車でゆくことは、自然なことだったかもしれません。

また、川沿いに道があったから、なんとなく「自転車でも乗ってみようか」と思ったのも事実です。

上流域から下流域へと進むと、思っていた以上に景色が変わります。

鶴見川とともに、心のふるさとのような存在である、境川。河口まで川沿いに進んでいけば、そこに江ノ島や片瀬海岸がある。これほど、サイクリングの目標にぴったりなものも、そうそうないだろうと思います。

他にも、気がつけば水辺を走っていることが多いのです。

休日の神田川沿いは、想像以上に静か。

天気はイマイチだったけれど、しまなみ海道の大島から見る来島海峡大橋の、静かな島や海とのコントラストは、いつまでも眺めていられます。

「なんか独特な光景だな」と思った、前橋市の中央前橋駅そばを流れる広瀬川。調べてみれば、利根川の疎水とのことでした。この「疎水」というのも、妙に惹かれるんですよね。

今年の春に訪れた、台北。

ここでもやっぱり、水辺のサイクリング。

自転車で渡船に乗ったのも、楽しい思い出です。

関連記事: 水辺のサイクリング – otona-lab.com

(Gen SUGAI)