CyclingEXの2019年はこんなだった


年末ということで、2019年のCyclingEXではどんなページのアクセスが多かったのか、紹介します。ちなみにCyclingEXではカテゴリーやタグのアーカイブへのアクセスがたいへん多いので、トップページ以外の記事またはアーカイブページを対象に、ベスト10を出してみました。

それでは、どうぞ。

2019年アクセスランキング

※2019年1月1日から12月30日まで(トップページを除く)

10位:2019年モデル版:税別10万円以下のグラベルロード&アドベンチャーロードバイク5選

9位:おすすめクロスバイク&街乗り自転車2019-2020年版:いい自転車と暮らそう

8位:タグ: グラベル&アドベンチャーロード 2019年モデル情報

7位:缶ビール1本飲んでアルコールが分解されるまで何時間?

IMG_7434

6位:GIANT 2020年モデル:定番クロスバイク「ESCAPE R3」が初めてタイヤサイズを変更

5位:タグ: [2019年モデル版]2台目のロードバイクにおすすめなミドルグレード[ステップアップ]

4位:2019年モデル版:今あえて選ぶクロモリロードバイクおすすめ5選+1

3位:NHK BSは無し!「ツール・ド・フランス 2019」放送予定

2位:タグ: [2019年版]初心者におすすめのグラベルロード

1位:カテゴリー: 各社2020年モデル情報

全体的にはアクセス数が減った1年

2019年のCyclingEXは、2018年と比べるとだいぶアクセス数が減少しました。6月まで、つまり前半はほぼ前年並みだったのですが、後半の減少が著しかったです。度重なる台風の襲来に伴う天候不順、スポーツ自転車の需要一巡、消費税率アップに伴う個人消費の落ち込みなど、いろいろ理由はあったかと思います。

ただ、単純にページビューを稼ぐという意味では大手サイトやキュレーションメディアに敵うわけがありませんので、2019年は記事の本数を減らし、書きたいことを書く、紹介したいものを紹介するという感じだったので、それが読者ニーズとマッチしなかったという面も否めません。

2020年も目先のPVを追わずにマイペースで

2020年も、目先のアクセス数を追うことなく、マイペースで更新していく予定です。

また、2019年11月から休止していたTwitterアカウントについては、2020年1月1日より再開する予定です。

2019年もお世話になりました。2020年もよろしくお願いいたします。

(SUGAI Gen)