2019年モデル版:税別10万円以下のグラベルロード&アドベンチャーロードバイク5選


以前「お手頃価格帯のグラベルロード&アドベンチャーロードバイクおすすめ5選」という記事をアップして、ひと桁万円〜20万円クラスのグラベルロードバイクやアドベンチャーロードバイクを紹介しましたが、もう少し安い、具体的には10万円以下のものに対するニーズが大きそうなので、別途「税別10万円しばり」で5つピックアップしてみました。

GT GRADE ALLOY COMP(税別84,800円)

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

グラベルロードバイクの中でも比較的初期に登場したもので、2014年の発表(2015年モデルとして)。ロードバイクの走りのよさをベースに、35Cまでの太いタイヤを装着できるようにして、未舗装路にも対応したものです。

関連記事: GTのグラベルロード「GRADE」がカラーやコンポーネントを変更して2019年モデルに – CyclingEX

なお、筆者は2016年モデルに乗っていますので、参考までに。

タグアーカイブ: GT GRADE ALLOY – CyclingEX



MERIDA ROAD TOURER(税込99,981円)※あさひ限定

photo_あさひ

「サイクルベースあさひ」にて限定発売される、メリダ製のアドベンチャーロードバイクです。700×35Cタイヤを装着し、街乗りからロングライドまで幅広く対応。フロントシングルでリア11速というギア構成も特徴です。

関連記事: あさひ限定!MERIDAの全天候型アドベンチャーロード「ROAD TOURER」 – CyclingEX

JAMIS RENEGADE EXILE(税別99,000円)

photo_ジャイミスジャパン

ジェイミスがアドベンチャーロドバイクと銘打った「RENEGADE(レネゲード)」シリーズのエントリーモデル。オンロードもオフロードも楽しめて、ポタリングからツーリングまで安心して走ることができます。ボトルケージやアクセサリーのための台座をたくさん備えているので、積載性も十分。

関連記事: JAMIS 2019年モデル:アドベンチャーロードの楽しさを手ごろな価格で体感できる「RENEGADE EXILE/EXPLORE」 – CyclingEX

RITEWAY SONOMA ADVENTURE(税別89,800円)

700Cモデル photo_ライトウェイプロダクツジャパン

細身のクロモリフレームを採用し、アクセサリー台座を豊富に備え、グラベル&アドベンチャーロードバイクの入門モデルとして魅力的なパッケージとしているSONOMA ADVENTURE。コミューターにもぴったりな700Cモデルと、冒険心をくすぐる650Bモデルの2種類を用意。便利なセンタースタンドを標準装備。

650Bモデル photo_ライトウェイプロダクツジャパン

関連記事: RITEWAYの650B/700C両対応アドベンチャーロード「SONOMA ADVENTURE」 – CyclingEX

KONA ROVE(税別99,000円)

photo_アキコーポレーション

舗装路からダートまで、路面を選ばずに旅することができる「ROVE」シリーズのエントリーモデル。落ち着いたカラーリングで、KONAオリジナルのサドルやバーテープなどによる統一感のあるルックスも魅力。もちろんコミューターとして使うのもあり。

リンク: KONA BIKES

関連記事: 2019年モデル版:自転車散歩から旅まで!お手頃価格帯のグラベルロード&アドベンチャーロードバイクおすすめ5選 – CyclingEX

関連記事: 10万円グラベルロードGT GRADE ALLOY CLARIS(2016年モデル)、5ヶ月経っていちばん気になっているのはココ – CyclingEX

(Gen SUGAI)