RITEWAYの650B/700C両対応アドベンチャーロード「SONOMA ADVENTURE」


ライトウエイプロダクツジャパンが、同社のオリジナルブランドRITEWAY(ライトウェイ)から、2019年モデルの「SONOMA ADVENTURE(ソノマアドベンチャー)」を発表しています。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

2018年モデルはリア7速のコンポーネントを搭載し「アドベンチャーロードテイストの街乗り自転車」といった趣でしたが、2019年モデルではシマノ・クラリスを搭載して、650Bホイールモデルと700Cホイールモデルを用意。グラベル&アドベンチャーロードバイクの入門モデルとして魅力的なパッケージに進化しています。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

650B仕様はタイヤにKENDA K1152 650×45Bを採用し、フラットダートを含むツーリングにもぴったり。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

一方700C仕様は、ライトウェイオリジナルのアーバンフルグリップタイヤ 700×35Cを装備し、クロスバイク的な走りを可能にしています。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

フレームは650Bと700Cで共通の「NFデザイン ダブルバテッドクロモリスチール」で、650B仕様に700Cホイールを装着したり、その逆も可能です。2019年モデルから、トップチューブ上やフロントフォークのサイドにもアクセサリー台座(ボトルケージ台座)が備わるようになりました。

photo_ライトウェイプロダクツジャパン

メインコンポーネントは、リア8速のシマノ・クラリスになりました。ブレーキはテクトロのメカニカルディスクで、前後のハブはシマノ・HB-TX505(センターロック)となっています。

フレームサイズは420mmと480mmの2種類を用意。ベル、センタースタンド、スマートフォンホルダーが付属し、価格は89,800円(税別)となっています。

●650B仕様

●700C仕様

[2018/7/4追記]

ライトウェイプロダクツジャパンの展示会にて、SONOMA ADVENTUREのフレームやフォークの各所にアクセサリー台座(ボトルケージ台座)が設けられている様子を撮影しましたので掲載します。

ボトルケージだらけなのは「こんなにある」というアピールで、実際にはボトルケージ台座に対応するさまざまなアクセサリー を取り付け可能です。

リンク: ライトウェイバイクブランドサイト

※本稿執筆段階では製品情報未掲載

関連記事: 700×35Cスリックのライトウェイ アーバンフルグリップタイヤをGT GRADE ALLOYで試す – CyclingEX

関連記事: RITEWAYが2019年モデルのSHEPHERD CITY/SHEPHERD 24SL/GLACIERを発表 – CyclingEX

(Gen SUGAI)