15年前に乗っていたクロスバイク

先日、自宅のコンピューターに雑然と放り込まれている過去のデータを整理していたところ、2001年頃に乗っていたクロスバイクの写真が出てきました。

AUT_4856

GTの「NOMAD LTD」というクロスバイクです(2001年モデル)です。確か2001年の秋にスペシャライズド・シラスが登場してクロスバイクのスタイルは大きく変わるのですが、当時としてはこれが一般的なスタイルだったように思います。

AUT_4862

タイヤは700×38C。GT純正のガーディアンタイヤというもので、乗り心地は良かったのを覚えています。

AUT_4866

ゲル入りのサドルと、サスペンションシートポスト。

AUT_4868

ライトを撮った写真ですが、スラム・セントラのグリップシフト、スレッド式のアジャスタブルステムが見えます。

ライトは、ゼファールのハロゲン式。オレンジ色のLEDフラッシャーも付いていました。

020212_02

2002年、少しパーツを交換した姿。

標準のメインコンポーネントは、ネクサスとアセラのミックス。そして上記の通りシフターはスラムでした。

2002年以降、シラスやTOKYOBIKE、GIANT ESCAPE R3などが続々と登場し、街乗りスポーツ自転車の風景は大きく変わっていきます。

DSC0426

こちらはいまどきのクロスバイク(ブリヂストン・CYLVA F24)。フロントサスペンションが付いたクロスバイクは、だいぶ減りました。タイヤは700×32Cが多いようです。

9165430_m

とはいえ、GTは今でもタイヤが太めでフロントサスペンションが付いたクロスバクを出しています。

情報源: TRANSEO 4.0 | GT公式サイト | ジーティー MTB

(Gen SUGAI)




作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。