[随時更新]グラベルロード&アドベンチャーロードバイク情報まとめページ

ここでは、CyclingEXに掲載されているグラベルロード&アドベンチャーロードバイクの情報について、直近1年分程度(+基本的なこと)をまとめています。

COLNAGO 2020年モデル:完成車で販売されるグラベル&エンデュランスロードバイク「G3-X」

COLNAGO(コルナゴ)に初のグラベルロードバイクが登場。同社は、エンデュランスバイクとしても使える性能をもっていると言います。

2020年モデル版:グラベルロードの注目モデルをエントリーグレード中心にピックアップ

ロードバイクのようにドロップハンドルを備えながら、太いタイヤを装着し未舗装路の走行にも対応する「グラベルロードバイク」や「アドベンチャーロードバイク」といったジャンルが、近年注目されています。

BIANCHI 2020年モデル:VIA NIRONEにオールロードバージョンが登場

BIANCHI(ビアンキ)のVIA NIRONE(ビアニローネ)と言えばエンデュランス系のアルミロードだったわけですが、2020年モデルでは新たにオールロードと謳った「VIA NIRONE 7 ALLROAD SHIMANO GRX400」が登場しています。

GIANT 2020年モデル:アルミフレーム版も出たグラベルロード「REVOLT」

GIANT(ジャイアント)のグラベルロードバイク「REVOLT」に、アルミフレームバージョンが追加されています。カーボンフレーム版と合わせて、2020年モデルを紹介します。

【グラベルロード】細分化するグラベルバイクを2020年モデルで手短かに解説【アドベンチャーロード】

ここ数年増えてきているグラベルロードバイクですが、とくに最近は、グラベルロード以外にアドベンチャーロードと呼ばれるものも多くなり、さらにはエンデュランス系のロードバイクがより太いタイヤに対応するなど、多様化・細分化が進んでいます。