GIANT 2020年モデル:アルミフレーム版も出たグラベルロード「REVOLT」


GIANT(ジャイアント)のグラベルロードバイク「REVOLT」に、アルミフレームバージョンが追加されています。カーボンフレーム版と合わせて、2020年モデルを紹介します。

REVOLT ADVANCED 2

大手メーカーのグラベルロードバイクとしてはいち早く登場したREVOLT。一時は日本でラインナップから消えましたが、2019年モデルで2世代目として登場したのが、このカーボンフレーム版です。

photo_ジャイアント

2019年モデルではブレーキセットがワイヤー引きから油圧式へと変換するGIANTオリジナルの「CONDUCT」でしたが、2020年モデルではシマノ・105の油圧式ディスクが採用されているのがポイントです。

メインコンポーネントはシマノ・105で、タイヤは標準で38Cを装備し45Cまで対応します。

価格は290,000円(税別)です。

リンク: 2020 GIANT Bicycles | REVOLT ADVANCED 2

REVOLT 2

2020年モデルで新たに登場した、アルミフレームのREVOLTです。

photo_ジャイアント

ルックスはカーボン版と同様で、ALUXXグレードのアルミフレームとなっています。前後ともスルーアクスルを採用し、リアエンド幅は142mm。タイヤサイズは、700×38Cです。

photo_ジャイアント

メインコンポーネントはシマノ・SORAを搭載。そして、ワイヤー引きのSTIから油圧式に変換する、GIANTオリジナルの「CONDUCT」ブレーキシステムが採用されています。

価格は135,000円(税別)です。

リンク: 2020 GIANT Bicycles | REVOLT 2

(Gen SUGAI)