COLNAGO 2020年モデル:完成車で販売されるグラベル&エンデュランスロードバイク「G3-X」


COLNAGO(コルナゴ)に初のグラベルロードバイクが登場。同社は、エンデュランスバイクとしても使える性能をもっていると言います。

photo_アキボウ

photo_アキボウ

ロードバイクの「V3」シリーズと同時に開発されたという、カーボンフレームのグラベルロードバイク「G3-X」。BB位置を低く、そしてチェーンステイを少し長めに取ることで、走行安定性を高めているのはグラベルロードを謳うバイクの常套手段。シクロクロスモデルの「PRESTIGE」とチェーンステイ長を比較すると、小さいサイズほど顕著に「G3-Xのほうが長め」となっています。

photo_アキボウ

このG3-Xは完成車のみでの販売で、メインコンポーネントはシマノ・GRX810(11速)。ブレーキもGRX810の油圧式ディスクで、ホイールは同じくシマノのWH-RS370(チューブレスレディ)が組み合わされています。また、標準で組み合わされるタイヤはピレリ・Cinturato GRAVEL H 40-622で、フレーム&フォークのタイヤクリアランスは最大42㎜とされています。

photo_アキボウ
photo_アキボウ

カラーは「G3BK(ブラック)」と「G3GR(グリーン)」の2種類で、サイズは460S、490S、520S、550S、580Sを用意。価格は630,000円(税別)となっています。なお「メーカー在庫がない場合の納期は3~4か月かかります」とのことです。

リンク: COLNAGO OFFICIAL SITE – コルナゴ公式サイト

(SUGAI Gen)