CannondaleがSuperSix EVO CX/SEを発表


Cannondale(キャノンデール)が、SuperSix EVOの名を冠したシクロクロスバイクとグラベルバイクとして「SuperSix EVO CX」および「SuperSix EVO SE」を発表しています。

SuperSix EVO CX photo_キャノンデール・ジャパン

CXとSEはフレーム素材やジオメトリー等を共通としつつも、それぞれ異なる個性が与えられています。CXは1×ドライブトレインや33mm幅のタイヤ、ゼロオフセットシートポスト等を採用して、シクロクロスに最適化されたアッセンブル。

SuperSix EVO CX photo_キャノンデール・ジャパン

一方のSEは2×ドライブトレイン、40mm幅のタイヤ、セットバックシートポスト等を採用し、グラベルレースに最適化されています。

というわけで、製品概要は下記のとおりです。

SuperSix EVO CX

ドライブトレイン:SRAM Force 1
ギア構成:フロント40T、リヤ 11-36T(11スピード)
タイヤ:Vittoria Terreno Mix、700×33C、チューブレスレディ
カラー:パープルヘイズ
サイズ:46、51、54
価格:440,000円(税込)

リンク: SuperSix EVO CX | Cyclocross Bikes | Cannondale

SuperSix EVO SE

ドライブトレイン:SRAM Rival eTap AXS
ギア構成:フロント46/33T、リヤ10-36T(12スピード)
タイヤ:Vittoria Terreno Dry、700×40C、チューブレスレディ
カラー:クールミント
サイズ:46、51、54
価格:528,000円(税込)

リンク: SuperSix EVO SE | Gravel Bikes | Cannondale

(SUGAI Gen)


ソニー α7C ズームレンズキット シルバー [ILCE-7CL S]