カーボンエアロピラーとテーパーヘッドを採用した「ROCKBIKES ROCKET」


大阪発のストリートバイクブランド「ROCKBIKES」のアルミロードバイク「ROCKET」が第2世代に進化。新たにカーボンエアロピラーとテーパーヘッドを採用しています。

150302_rocket_004

ストリート色が強い……というか、ストリートに特化した製品を送り出しているROCKBIKES。近頃はクロモリロードの「ENVY」が人気ですが、このROCKETも、その戦闘的なスタイリングでROCKBIKESの名を広めた1台です。

もともとエアロデザインのフレームでしたが、今回のモデルチェンジでは基本スタイルはそのままに、カーボンエアロピラーを装備。

150302_rocket_002

ROCKBIKESを展開するNYCが立ち上げたパーツブランド「SIXTH COMPONENTS」のピラーです。

150302_rocket_003

そしてフロント周りでは、ヘッドチューブがテーパーヘッドとなり、フロントフォークも横から見たときにボリュームのあるエアロデザインになりました。

150302_rocket_001

改めて、全体像。相変わらず、攻撃的なスタイル。ハンドル位置は低くしたほうが、このROCKETには似合います。安定志向なら他のロードバイクが良いでしょうが、クイックなハンドリングが好きな人にはこの割り切ったコンセプトが逆に良いでしょう。

メインコンポーネントはシマノ・ソラで、価格は145,800円(税込)。460mm、500mm、530mm、560mmの4サイズ展開ですが、560mmはすでに流通在庫のみだそうです。

ROCK BIKES.

関連記事:ROCKBIKESのENVYとGREEDにニューカラー「GREEN PYTHON」追加

関連記事:第六感を呼び覚すパーツブランド「SIXTH COMPONENTS」のステム

(Gen SUGAI)



JBR-Motorcycle