パンステージ エピソードで「ごまささめ」を食べる

多摩地区のサイクリストにとってのオアシス「パンステージ エピソード」(東京都町田市)。先日自転車で寄ってみたところ、筆者の好きなパンをひさびさに見かけました。

それは「ごまささめ」です。ちなみに奥にあるのはサーモンフライのハーフサイズ(結局2個食べてる)。

関連記事: 【東京・町田】パンステージ エピソードでパンを2個食べるのがやめられない – CyclingEX



パンの生地にごまが入っています。そして、具になっているのは細く切られた茎わかめです。塩昆布などでも、細切りのものを「ささめ」と言うことがありますね。「細雪(ささめゆき)」という題名の谷崎潤一郎による小説もあります(未読ですが)。

で、この「ごまささめ」の茎わかめは辛子マヨネーズで和えてあるのが、いいんですよ。

いつ行ってもある……というわけではないので、久しぶりに食べることができてうれしかったです。

価格は190円(税別)。

リンク: パンステージ エピソード

(Gen SUGAI)




MINOURA(ミノウラ) DS-532 600L ・チェーンステイ/シートステイフック式スタンド

作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。