GIANT 2019年モデル:D-FUSEハンドルバーを採用した新型「DEFY」シリーズ


GIANTが、エンデュランスロードバイク「DEFY」シリーズのモデルチェンジを発表しています。具体的な日本国内でのラインナップや価格は、8月末に発表予定とのことです。

photo_ジャイアント

ジオメトリーを改めた新設計のフレームは、700×32Cタイヤの装着を可能にしています。



photo_ジャイアント

また、GIANTは近年、振動吸収性能に優れるD型断面の「D-FUSEピラー」をシクロクロスバイクやエンデュランス系モデル、上級クロスバイクなどに採用してきました。今回の新型DEFYでは、そのテクノロジーを「D-FUSEハンドルバー」としてコクピットにも応用し、快適性を向上を図っています。

photo_ジャイアント

最上位グレードの「DEFY ADVANCED PRO 0」では、GIANTのクランク型パワーメーター「POWER PRO」も採用されるとのこと。

詳細は、GIANTのニュースリリースでどうぞ。

GIANTはフルモデルチェンジしたエンデュランスロード「DEFY」シリーズを発表いたします。 新型DEFYは、GIANT独自のD-FUSEテクノロジー採用コンポーネントを拡張することで、特に厳しい道のりのロングライドで、ライダーにより滑らかで快適な乗り心地を提供します。

情報源: 新型DEFYシリーズ 発表 – INFORMATION

(Gen SUGAI)