江ノ電と出会う


境川サイクリングロード経由で江ノ島に向かい、さらにそこから稲村ヶ崎に向かっていたときのこと。国道134号が渋滞していたので、気分を変えようと途中で江ノ電沿いの裏道に入りました。

ハンドルにマウントした「SONY HDR-AS300」で撮影していたのですが、国道はクルマばかりの画で使い物にならないので、線路沿い裏道で前から江ノ電でも来ればいいなと思ったのです。

でも、そういえばさっき江ノ電とすれ違ったような……。江ノ電は単線で、上下ともきっちり12分間隔で運転しているので、さっき前方から来た電車とすれ違ったということは、(ずっと線路沿いにいれば)次に会う電車は後ろから来るはず。七里ヶ浜付近の線路沿いは、線路と道路の柵が無いので、ここで電車が来たら迫力あるだろうなぁ〜なんて思っていたら。

後ろから警笛が聞こえ、電車が来た!

慌てず、落ち着いて、線路のある左側に寄りすぎないように注意して進みます。

江ノ電はすぐ先の七里ヶ浜駅に停車するため、速度を落としていきます。

お、江ノ電の現役最古参・300形!

1956年(昭和31年)から1968年(昭和43年)にかけて合計6編成12両がデビューしました。全てが旧形⾞両を改造したもので、現役の305-355号⾞は京王電鉄の台枠を流⽤し、⾞体は東横⾞両・台⾞は東急⾞輛で新造された⾞両です。

情報源: 300形|車両図鑑|江ノ電博物館|電車 | 江ノ島電鉄株式会社

駅の先の踏切で、もう一度見送りました。

というわけで、YouTubeにアップしています。

※線路沿いの通行には十分注意しましょう。

※線路内への立ち入りは禁止されています。

(Gen SUGAI)