JAMIS 2018年モデル:アドベンチャーロード「RENEGADE」のアルミフレームモデル「EXILE」と「EXPLORE」


今やJAMIS(ジェイミス)の主力車種といってもよい、アドベンチャーロードの「RENEGADE(レネゲード)」シリーズ。その2018年モデルから、今回はアルミフレームの「EXILE」と「EXPLORE」を紹介します。

●RENEGADE EXILE

RENEGADEシリーズでもっとも安価な「EXILE」。メインコンポーネントにシマノ・クラリスを採用している点は継続ですが、進化しているところもあります。

こちらのフレームカラーは「Ano Inferno」。販売される実車はマットカラーになります。

そしてこちらは「Ano Black」。

進化したところは?

従来、EXILEのアルミフォークにはなかったアクセサリー台座が、2018年モデルでは備わっています。

また、小さなサイズは650Bホイールが標準となりました。

サイズは44、48(以上650B)、51、54、56、58cm(700C)の6種類。価格は98,000円(税別)です。

●RENEGADE EXPLORE

従来、RENEGADEシリーズにおいて「アルミフレーム+シマノ・ソラ」のグレードは日本独自モデルだったのですが、2018年モデルでは本国で「RENEGADE EXPLORE」として設定されました。

展示会では、バイクパッキングのイメージで置かれていました。

手前のカラーは「Armer Green」。

こちらのカラーは「Cream Stout」。

そしてCream Stoutのほうは小さなフレームサイズで、650Bホイールが標準となっています。なんだか見た目がかわいいですね。

EXILEがアルミフォークなのに対して、EXPLOREはカーボンフォークで、スルーアクスルとなります。価格差が小さいので、予算が許せばEXPLOREがいいですね。

サイズは44、48(以上650B)、51、54、56、58cm(700C)の6種類。価格は118,000円(税別)です。

なお、EXILE、EXPLOREのどちらとも、700Cモデルに650Bホイールを装着することは可能です。

関連記事: JAMISのアドベンチャーロード「RENEGADE」シリーズに小さなサイズと650Bモデルが登場 – CyclingEX

リンク: Jamis Bicycles – ジェイミスジャパン – Mountain Bikes, Road Bikes, Street Bikes

(Gen SUGAI)