ARAYA 2018年モデル:元祖マルチパーパスがグラベルツーリングバイクに進化した「CXG」


ARAYA(アラヤ)がロードバイクとマウンテンバイクのハイブリッドとして1988年に発売し、日本におけるクロスバイクの始祖とも言えるのが「CX」。2018年モデルでは、ツーリング志向が強めのグラベルロードモデル「CXG」が登場しています。

クロモリフレームにクロモリフォーク、そして機械式ディスクブレーキという構成です。

テーパーヘッドを採用しています。フロントフォークはオーバーサイズのコラムですが、ヘッドパーツを交換すればテーパーコラムのフォークにも対応します。

フレームは4130クロモリです。

メインコンポーネントは、シマノ・クラリスです。ハンドルは下ハンが広がったタイプ。

クランクもクラリスが採用されているのは、このグレードのバイクとしては良いですね。

タイヤは700×35Cのシュワルベ・サミースリック。こちらもなかなか良い選択ではないでしょうか。

チェーンステーは、こんな形状。

ブレーキの台座はフラットマウントで、機械式のTRP・スパイアーを標準装備しています。ドロップアウトは交換可能で、シマノ・E-Thruアクスルに対応可能です。

クロモリフォークにアクセサリー用の台座が備わっています。

サイズは460、500、540の3種類。カラーはサンセットイエローとバーンブラックの2種類です。重量は13.4kgと発表されています。

そして気になる価格は、98,000円(税別)となっています。

リンク: ARAYA Bicycle Project

※本稿執筆段階では2018年モデル未掲載です

(Gen SUGAI)