10万円グラベルロードにカメラ2台搭載で砂利道へ


10万円のグラベルロードバイク「GT GRADE ALLOY CLARIS」2016年モデルがやってきて2ヶ月ほど。当初の目論見通り?ポタリング用の自転車として週イチペースで乗っています。

昨年の今頃、ロードバイクに片面SPDを付けてみたり、結局のところクロスバイクの気軽さがいいなぁ、タイヤが太めのロードバイクもいいな……などと思っていたのですが、GRADE ALLOYを買ってみて、ひとまずの正解をみつけたような気分になっています。

関連記事: 今さらながらロードバイクにシマノの片面SPDペダルを装着してみた – CyclingEX

関連記事: クロスバイク回帰中、そしてタイヤが太めのロードバイクが気になる – CyclingEX

先日は、カメラを2台取り付けて砂利道を走ってみました。とくに意味はないですが、いちおう貼っておきます。

JVC ADDIXION GC-XA1を数年ぶりに使いました。

相変わらずクランクセット(FSA・TEMPO)の性能の低さは気になるので、それをどうするか引き続き検討中です。

下記リンクから、GT GRADE ALLOY CLARIS(2016)についての過去記事をごらんいただけます。

関連タグ: GT GRADE ALLOY – CyclingEX

(Gen SUGAI)