GIANT2018年モデル:ロードバイク入門にぴったりなオールラウンダー「CONTEND」シリーズ


GIANT(ジャイアント)から、早くも2018年モデルのロードバイクとして「CONTEND(コンテンド)」シリーズが発表されています。2017年6月下旬より順次発売予定です。

photo_ジャイアント

2017年モデルから登場したCONTENDシリーズは、上体が起きてリラックスした乗車姿勢を取ることができ、快適性と加速性能を両立させたオールラウンドなアルミロードバイクです。税別で10万円を切る価格設定で、はじめてのロードバイクにもぴったりの存在と言えます。

●CONTEND 2

CONTENDのベーシックモデルです。

photo_ジャイアント

メインコンポーネントはリア8速のシマノ・クラリスです。そのクラリスは今年モデルチェンジをしていまして、クランクが4本アームとなっているほか、STIレバー(シフトレバー/ブレーキレバー)の変速ワイヤーがすっきりとした取り回しになっています。

補助ブレーキレバーが装備されているので、ビギナーでも安心です。

photo_ジャイアント

フロントのチェーンリングは50/34T、リアのスプロケットは11-34Tとなっていて、変速段数こそ少ないものの、ワイドなギアを備えています。

photo_ジャイアント

価格、スペック概要は下記の通りです。

<CONTEND 2>
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)、535(ML)mm
フレーム:ALUXX-Grade Aluminum OLD130mm
フォーク:Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive Column
コンポーネント:シマノ・クラリス
ブレーキ:シマノ・クラリス+テクトロ・R312 with TEKTROサブレバー
クランクセット:FSA・TEMPO 34/50T 165mm(XS)、170mm(S)、172.5mm(M、ML)
スプロケット:11-34T(8S)
タイヤ:ジャイアント・S-R4、700x25C
重量:9.9kg(465mm)
カラー:ブルー、ブラック、ホワイト
価格:80,000円(税別)

●CONTEND 1

CONTENDの上位モデルです。

photo_ジャイアント

CONTEND 2との大きな違いとして、メインコンポーネントにシマノ・ソラを採用し、変速段数が前2段×後9段の18段変速となることと、サブブレーキレバーが付いていないことが挙げられます。

photo_ジャイアント

価格、スペック概要は下記の通りです。

<CONTEND 1>
サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)、535(ML)mm
フレーム:ALUXX-Grade Aluminum OLD130mm
フォーク:Advanced-Grade Composite、Aluminum OverDrive Column
コンポーネント:シマノ・ソラ
ブレーキ:シマノ・クラリス+テクトロ・R312
クランクセット:シマノ・ソラ 34/50T 165mm(XS)、170mm(S、M、ML)
スプロケット:11-32T(9S)
タイヤ:ジャイアント・S-R4、700x25C
重量:9.4kg(465mm)
カラー:グリーン、ブラック
価格:95,000円(税別)

自転車通勤やフィットネスライド、ロングライドにヒルクライムと、これからいろいろチャレンジしロードバイクにハマっていくであろう人にちょうどよい、オールラウンドな性格のCONTEND 1とCONTEND 2。思いっきりライドを楽しみ、たくさんの経験を積んでいく上での良き相棒となることでしょう。

リンク: Giant Bicycle

関連記事: 2017-2018年版ビギナーにおすすめのロードバイク:これから始める人のためのガイダンス&バイヤーズガイド – CyclingEX

(Gen SUGAI)