身長150cm〜から乗れる設計としたロードバイク「AXMAN AZURE Q1」

NYCが、台湾のスポーツサイクルブランド「AXMAN」のニューモデルとしてカーボンロードバイク「AZURE Q1」を追加し、2017年7月1日より発売すると発表しています。

photo_NYC
photo_NYC

AZURE Q1の特徴は、その製品画像からもわかるように、小柄な人に向けたジオメトリーとしていること。430mmと450mmという2サイズを用意し、430mmは身長150cm台から乗ることができる設計です。

カーボンフレームにフルカーボンフォークを組み合わせた車体は、ヘッド周りの剛性を高め、そしてBB付近は硬過ぎないようにすることで、安心感と乗りやすさを両立させています。価格は190,000円(税別)です。

photo_NYC
photo_NYC

●AXMAN AZURE Q1
フレーム:カーボン
フォーク:カーボン
ドライブトレイン:シマノ・105
ホイール:ALEXRIM ATD490
タイヤ:ヴィットリア・ZAFFIRO 25C
クランク:シマノ・105(50/34T)
カラー:Metallica Azure/Island Blue、Metallica Azure/Pink/Lilac Gray
サイズ:430mm、450mm
価格:190,000円(税抜)

photo_NYC
photo_NYC

リンク: AXMAN – Asian Champion Ride AXMAN

(Gen SUGAI)



作成者: 須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。