MERIDA 2023年モデル:REACTO 6000 – エアロロードに追加された105 Di2完成車

シマノ・105 Di2完成車を3車種発表した、MERIDA(メリダ)。最後に紹介するのは、エアロロードの「REACTO 6000」です。

エアロロードとしては長い歴史をもつ「REACTO」。初代が登場したのは2011年モデルで、その後改良を積み重ねて、現行のフレームは2020年に発表された(2021年モデル)第4世代のものとなっています。

photo_メリダジャパン ※画像のパーツ構成は実際とは異なる

シマノ・105 Di2を搭載したREACTO 6000のフレームは、同時発表された「SCULTURA 6000」や「SCULTURA ENDURANCE 6000」と同様、フレームのグレードは「CF3」となります。上位グレードの形状を受け継ぎながら、高いコストパフォーマンスを実現しています。

photo_メリダジャパン ※画像のパーツ構成は実際とは異なる

ホビーライダーが比較的手頃にREACTOの性能を手にいれることができ、思う存分走りを楽しめる——それが、REACTO 6000です。

サイズは47/50/52/54/56cm——の5種類、価格は550,000円(税込)です。

リンク: メリダ -MERIDA-

(SUGAI Gen)

自転車が絡む読み物や自転車生活に役立つ商品の紹介を、新しい「CyclingEX」に掲載しています。