すべてのライダーに速さを — Cannondaleの新型エアロロードバイク「SystemSix」


Cannondale(キャノンデール)が、新型のエアロロードバイク「SystemSix(システムシックス)」を発表しています。

photo_キャノンデール・ジャパン



いわゆるエアロロードバイクというものを出していなかったCannondaleが、レース等でのテストを重ねついにリリースしたのが、少々懐かしいモデル名を復活させた「SystemSix」。

photo_キャノンデール・ジャパン

2006年に登場したSystemSixはアルミとカーボンのハイブリッド(カーボンバックではなく、バックがアルミだった)でした。

今回登場したSystemSixは、トップレーサーだけでなくすべてのレベルのライダーがエアロ性能を享受できるよう、優れた剛性と乗り心地を維持しつつ、空気抵抗を極限まで抑えことを目指し開発されました。

photo_キャノンデール・ジャパン

フレーム、フォーク、ハンドルバー、ステム、ホイール、そしてシートポストと、バイクを構成する重要な6つのエレメントをひとつのパッケージとしてデザインし、ディスクブレーキ専用設計となっています。

photo_キャノンデール・ジャパン
photo_キャノンデール・ジャパン

その思想を最大限に具体化した「SystemSix Hi-MOD」では、「KNØT(ノット)システムバー」および「KNØT64ホイール」を採用。KNØTシステムバーは、ハンドルバーとステムを一体として設計し、空気抵抗を削減しつつ、ツーピース構造として調整範囲をもたせています。

photo_キャノンデール・ジャパン

フレームは、バリステックハイモッドカーボンと、バリステックカーボンの2グレードを用意。それぞれに2種類、合計4種類の完成車が用意されています。

ラインナップは下記のとおりです。

●SystemSix Hi-MOD Dura-Ace Di2

photo_キャノンデール・ジャパン

価格:1,050,000円(税別)

●SystemSix Hi-MOD Ultegra Di2

photo_キャノンデール・ジャパン

価格:790,000円(税別)

●SystemSix Carbon Dura-Ace

photo_キャノンデール・ジャパン

価格:640,000円(税別)

●SystemSix Carbon Ultegra

photo_キャノンデール・ジャパン
photo_キャノンデール・ジャパン

価格:420,000円(税別)


他社のエアロロードバイクが2世代目、もしくは3世代目になろうかというタイミングで、エアロロードバイクとしては最後発として登場した新型SystemSix。それまでのしがらみがない分、リムブレーキ仕様が用意されておらず、ディスクブレーキ専用設計となっているのは当然のことと言えるでしょう。

詳しい製品情報は、CannondaleのWebサイトでどうぞ。

リンク: Cannondale 製品情報

(Gen SUGAI)