さらに大胆なエアロデザインとなったROCKBIKESのアルミロードバイク「ROCKET」


エアロデザインのトラックバイクを彷彿とさせるROCKBIKES(ロックバイクス)のアルミロード「ROCKET(ロケット)」。2017年モデルの展示会では、リア三角がコンパクトで、さらに攻撃的なルックスとなった第3世代のROCKETが展示されていました。

_DSC2539

こちらは、ROCKETのフレームセット(カラー:Berlin Blue)に、SIXTH COMPONENTSのパーツを使用したアッセンブル例です。

_DSC2559

大きな変更点は、なんといってもシートステーとシートチューブの接合部がぐっと下がり、リア三角がかなりコンパクトになっていること。

_DSC2563

実は最初に写真でみたときは「やりすぎだし、見た目のバランスが崩れているのでは?」という気がしなくもなかったのですが、実車を見るとこれはこれでアリだなと思いました。

_DSC2550

ヘッドチューブ周り。

_DSC2577

第2世代から引き続き、テーパーヘッドを採用しています。

_DSC2580

リアブレーキは、BB付近にマウントされます。

_DSC2591

ブレーキがBB付近にあることで、このすっきりとした後ろ姿が実現しています。

フレームのカラーは、冒頭のBerlin Blueの他、Matte BlackとCosmo Blackの合計3種類。そしてサイズは500mm、530mm、560mmの3種類となります。

_DSC2622

Matte Black。

_DSC2626

Cosmo Black。

ストリートに特化した製品を送り出しているROCKBIKESらしい仕上がりの、攻撃的なアルミーロドバイクです。

価格は、シマノ・ティアグラ完成車が165,000円(税別)、フレームセットが135,000円(税別)です。

リンク: ROCK BIKES

(Gen SUGAI)