ネオコットのカフェレーサーがほしいという妄想


オートバイの世界にカフェレーサーという言葉がありますが、今筆者が個人的に欲しいな〜と思っているのが、自転車のカフェレーサー。

SARUM AIRFIELDS PHOTO SHOOT BY GREG >

近所(と呼べる範囲の中ではいちばん遠いエリア)にあるカフェまでコーヒーを飲みに行くための自転車です。すでにオートバイのカフェレーサーとは違う定義になっていますが(笑)

020

もちろん、いつものように妄想しているだけなんですけど。

オートバイの世界では、数年前にBike EXIFが「HOW TO BUILD A CAFE RACER」という記事をアップして話題になりました。

情報源: How To Build A Cafe Racer | Bike EXIF

この記事に書かれていることをロードバイクにあてはめると、ホリゾンタルのスチールフレームがぴったりではないかと思います。

カフェレーサーとして乗りたいロードバイク……想像してまっさきに浮かんでくるのは、COLNAGOの「MASTER X-LIGHT」です。

160218_MASTER-X-LIGHTadla_l

リンク: MASTER X-LIGHT | PRODUCTS | COLNAGO

しかし、いくらなんでも、もったいない感じがします。

そこで次に思い浮かぶのが、ブリヂストン・アンカー(ANCHOR)のネオコット・クロモリフレームです。

160218_22_RNC7-eq_sg_cut

こちらは上位グレードの「RNC7 EQUIPE」(税別完成車価格250,000円)。

160218_23_RNC3_eq_cut

そしてこちらが、工作を簡略化した下位グレードの「RNC3 EQUIPE」(税別完成車価格195,000円)。

かつてのロードレーサーの雰囲気を今に伝えるフレームです。

アンカーのネオコットをそのまま乗るのも良いのですが、ちょっと気になっているのが、ブリヂストンサイクルが新たにオープンさせたショップ「RATIO &C(レシオ・アンドシー)」で販売されているもの。

160218_img_neocot_1

「BRIDGESTONE NEOCOT」というモデル名で、シティバイクとして販売されているのです。上の写真は、RNC7ベースの「N7」。

160218_img_neocot_2

こちらはRNC3ベースの「N3」。

160218_img_neocot_color_9

その魅力のひとつは、アンカーには無いカラーがオーダーできること。

160218_DSC05203

アンカーの完成車には設定が無いブルホーンバーやライザーバー等、そしてフロントシングルも選択できます。

RATIO &C Webサイトより
RATIO &C Webサイトより

ドロップハンドルとクラシカルなクランク、レザーパーツの組み合わせも良いですね。

こんなロードバイクでいつもの周回コースをサラッと流して、ベーカリー併設のカフェで一息つきたい……などと妄想する日々です。

IMG_8653

もうオッサンなので、公道で競争したりなんてことは、ありませんが。

関連記事: ブリヂストンサイクルが“自転車のある暮らし”を提案するカフェ併設のコミュニティスペース「RATIO &C」 – BRI-CHAN

関連記事: ブリヂストンサイクルのコンセプトストア「レシオ・アンドシー」2015年11月26日オープン – CyclingEX

関連記事: ANCHOR 2016年モデル:メイド・イン・ジャパン、メイド・イン・上尾。ネオコットクロモリフレームのRNC7/RNC3/XNC7 – CyclingEX

リンク: RATIO &C 〈レシオ・アンドシー〉

(Gen SUGAI)