などかずPhotoだより:湘南国際村から富士山を望む。

DSC02656

冬は寒さに敗北して布団の中から出られないことが多いので、走行距離が少なくなりがち。
そのぶん、一旦走り出したからにはカロリーを消費しておきたい。

というわけで、鶴見の自宅を出発して横須賀のヴェルニー公園まで走ったあと、横浜から最も近い(多分)ヒルクライムスポット、湘南国際村へ向かいました。

距離約2.5kmで標高差130m、平均勾配5.0%。

ヤビツ峠に比べれば、超コンパクト。走れる人ならアッという間に登り切れる坂ですが、こちとら脚力の低下と皮下脂肪の増量に歯止めがかからない中年です。

序盤から容赦なくインナーローを使っても、心拍はすぐに危険水域まで急上昇。距離と斜度の割に、あきれるほどの時間経過。

そんなヒルクライムでしたが、クリアに見えた相模湾越しの富士山は、冬ならではのご褒美でした。

Photography and Text by などかず(@nadokazu)
プロフィール:広告会社勤務のWebプロデューサー。2台の自転車を所有し、週末のサイクリングと写真撮影を楽しむ。家族サービスの時間を確保するために、サイクリングは早朝が多いというお父さん。
nadokazuさん(@nadokazu) • Instagram写真と動画.