KONA 2016年モデル:ツーリングに行きたくなるクロモリロード「HONKY TONK」と「PENTHOUSE」

KONA(コナ)のロードバイクを代表するモデルといえば、少なくとも日本においてはクロモリロードの「HONKY TONK」でしょう。その2016年モデルと、新たに登場した弟分的な「PENTHOUSE」の紹介です。

まずはHONKY TONKから。

honky_tonk

今までは「胴抜き」と呼ばれるカラーリングだったHONKY TONKですが、2016年モデルは渋いグリーンの単色になりました。

DSC04498

展示会での実車はこんな感じです。グリーンの発色が、なかなか写真では再現できないのですが……。

DSC04502

ヘッドチューブが長めのスローピングフレームです。

DSC04505

トップチューブに入れられた、イラストとモデル名。

DSC04511

チューブは普及価格帯ではおなじみ、レイノルズ・520。

DSC04509

コンポーネントはティアグラとソラのミックス(シフターがソラ)で、リアは9速。フロントギアは50/34Tのコンパクトドライブです。

そしてHONKY TONKの特徴のひとつがタイヤで、700×28Cを採用しています。ふつうのロードバイクが23C、エンデュランス系で25Cが主流ですから、HONKY TONKのタイヤはロードバイクとしては太めです。その分、舗装が荒れたところやフラットダートなどでの安心感はあるでしょう。軽快感が欲しくなったら、後から細いタイヤに交換すれば良いわけで。

このHONKY TONK、価格は122,000円(税別)とリーズナブルですが、クラシカルなだけではなく、見た目にへんに安っぽくて悲しいようなところもなく、なかなか良いバランスを持っているように思います。

ロードバイクが欲しいけど、1台の自転車で街乗りからポタリング、ツーリングまで何でもカバーしたい人にとっては、気になる存在ではないでしょうか。レーサーではない、しかし多様なニーズに応える「ロードバイク」です。

さて、2016年モデルでは「PENTHOUSE」というニューモデルも登場しています。

penthouse

このPENTHOUSE、見た目はHONKY TONKにそっくり。

DSC04485

カタログで見る限り、ジオメトリーも同じ。

DSC04487

カラーは深みのあるブルー。

DSC04491

トップチューブのデザインも、HONKY TONKに準じています。

DSC04510

こちらは、KONAオリジナルの4130クロモリチューブを採用しているのが大きな違いです。

DSC04494

コンポーネントは、シマノ・クラリス。リアは8速となります。

DSC04496

タイヤは、HONKY TONKと同じく700×28Cです。

PENTHOUSEの価格は、HONKY TONKより2万円安い102,000円(税別)と、少しお求めやすくなっているのもポイント。

「2万円しか違わない」という言い方もできますが、でも2万円あったらどこかツーリングに行って宿泊したりおいしいもの食べたり、輪行で帰ったりできますね。

というわけで、個人的にもかなり気になる、HONKY TONK & PENTHOUSEです。

KONAによる、2015年モデルのHONKY TONKを使ってその世界観を表したビデオがありますので、そちらもぜひご覧ください。

関連記事: ロードレーサーではないロードバイクの魅力を伝えるKONAのビデオ | CyclingEX

また、安価なバージョンとして登場したPENTHOUSEとは逆に、贅沢なバージョンとも言えるニューモデルもあるので、そちらは改めて紹介します。

リンク: KONAWORLD カナダノースショアのMTBブランドKONA

(Gen SUGAI)





1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。