DE ROSAがPininfarinaと手を組んだニューモデル「SK」


イタリアンブランドの多くは、その伝統を守りつつも、いかにして時代の流れに乗り、ビジネスとして発展させていくかを模索しているように見受けられます。DE ROSAももちろんそうです。

2016年モデルで新たに登場した「SK」は、Pininfarina(ピニンファリーナ)との共同作業により誕生しました。

sk2016_Blue-Black-Glossy2

DE ROSAの日本語Webサイトには、次のように書かれています。

DE ROSAとPininfarina。ともに母国イタリアの遺伝子をビジネスの基軸としながらも、次世代に向けて柔軟な変化を続けるイタリアのものづくりを象徴するブランドです。両者が手を結んだプロジェクトの第一弾、それがSK by Pininfarinaです。

リンク: DE ROSA | デローザ オフィシャルサイト

sk2016_White-Black-Glossy2

ホリゾンタルに近い形状で、エアロ性能を重視しているという点では、従来の「SUPER KING」に似ています。DE ROSAの本国サイトでは、ピニンファリーナの風洞実験施設でテストされた様子が強調されていました。

sk_Pininfarina

その風洞実験も経つつ『SUPERKINGよりも15%の軽量化に成功』と書かれているので、SKはやはりSUPERKINGの後継モデルと言えそうです。

sk2016_Blue-Gold-Glossy2

ブレーキはダイレクトマウントが採用されています。フレームは電動コンポーネントに対応しており、カンパのバッテリーはシートチューブに、シマノのバッテリーはシートポストに内蔵可能とのことです。

sk2016_Black-Red-Matt2

カラーは4色で、サイズは46・48・50・52・54・56の6種類を用意。フレームセットのみの販売で、価格は348,000円(フレームセット、税別)となっています。

(Gen SUGAI)