ピナレロ2016年モデル:ツーリング向きのロード「MERCURIO」とフラットバーロード「TREVISO」


PINARELLO(ピナレロ)といえば、現在開催中のツール・ド・フランスでチームSKYが使用している、レースのイメージが強いブランドですが、ツーリング向きのロードや街乗りフラットバーもあるんです。

まずは、機械式ディスクブレーキ搭載でツーリング志向の「MERCURIO」。

DSC04011

ヘッドチューブが長くてハンドルは高め、そしてトップチューブからシートステーまでを弓なりのデザインとして、振動吸収性を高めています。

DSC04014

かなり湾曲しているのがわかります。フレームマテリアルは24HMUDカーボンです。ちなみに展示車のタイヤはチャレンジのストラーダ ビアンカ(30C)でした。完成車にはこれとは異なるタイヤが採用されると思いますが、28〜30Cが履けるということはわかります。

DSC04017

ツーリング志向のバイクということで、キャリア台座を備えています。

DSC04012

完成車のみの販売で、コンポーネントをシマノ・ソラ。価格は220,000円(税別)です。

次に、フラットバーロードの「TREVISO」。

DSC04019

こちらはアルミフレームですが、やはり湾曲したデザインが特徴です。

DSC04024

クラシックテイストのカラーリングで、スポーティすぎない印象です。

DSC04029

フレームを上方から見たところ。

DSC04031

タイヤは700×25C。フロントフォークとタイヤのクリアランスは写真のような感じです。

コンポーネントはシマノ・ソラで、価格は142,000円(税別)です。

RIOGRANDE | カワシマサイクルサプライ.

(Gen SUGAI)