単三乾電池使用で250ルーメンの明るさを持つライト「SERFAS SL-255」


最近の自転車用ライトは、USB充電式のバッテリーを採用したものが主流となっています。しかし、ちゃんと充電していたつもりでも、うっかりバッテリーが切れてしまうことがあるんですよね。そんなケースを考えると、乾電池式の安心感も捨て難いものがあります。

というわけで、SERFAS(サーファス)の乾電池式ヘッドライト「SL-255」です。

SL-255

「SL-255」は、単三電池2本使用のヘッドライト。ハイモードで250ルーメンという明るさを持っています。

気になるのは連続点灯時間ですが、ハイモード(50ルーメン)で5時間、ノーマルモード(125ルーメン)で7.5時間、ローモード(50ルーメン)で11.5時間、点滅モードで23時間と、十分な実用性を持っています。

価格は4,500円(税別)。詳細はライトウェイプロダクツジャパンのWebサイトでどうぞ。

SERFAS公式サイト | サーファス ポンプ サドル タイヤ | SERFAS | ライト | 009 | SL-255.

関連記事:ライトを選ぶときに気になる「ルーメン」と「カンデラ」の違い | CyclingEX.

(Gen SUGAI)