2010UCI BMX 世界選手権でゴールドメダル獲得

南アフリカ・ピーターマリッツバークで開催中の2010UCI BMX 世界選手権、年齢別チャレンジクラスにおいて、日本人選手がゴールドメダルを獲得しました。日本からは7名の選手が出場し、丹野夏波(10 ガールズ)、榊原爽(11 ガールズ)の2名が優勝しました。丹野選手は中国、オーストラリアに続く3連覇、榊原選手は中国大会以来2年ぶりの勝利とのことです。

続きを読む 2010UCI BMX 世界選手権でゴールドメダル獲得

両雄並び立つ

コンタドールとアンディの対決に湧いたツール・ド・フランス 2010。この両者にバイクを供給していた幸運なサプライヤーがスペシャライズドです。

スペシャライズドの本国サイトで、各ステージの壁紙が公開されていました。最終第20ステージは、もちろんこのカット。

100726_tdf_001

I Am Specialized: Road: News: 21 Stages 21 Wallpapers. Stage 20

続きを読む 両雄並び立つ

Macユーザーのためのemetersライフ[データのアップロード]

前回から少々時間が経ちましたが、Macユーザーのためのemetersライフ、いよいよメーターを装着して走行し、データのアップロードを行います。前回はコチラからどうぞ。

装着してしまえばあとは簡単、走り出すだけ。emetersは、オートスタート/ストップが標準のモードです。その他に、自分でボタン操作によりスタート/ストップを行う「TTモード」があります。自分で決めたコースをどれくらいの時間で走ったかを記録したい場合は、TTモードを使うと良いのかもしれませんが、説明を読んでも存在意義や使い方がよくわかりませんでした。これは後になってよりいっそう感じることなのですが、emetersは「○月○日に■km走った」ということを記録していくことに、特化しているように思います。その用途においては、標準のモードで構わないでしょう。

さて、走り終わって帰宅したら、emetersを自転車から取り外し、USBでMacに接続します。Macの側ではもちろん、VMWare FusionとWindows 7を起動しておきます。

emetersを接続したら、次のような画面が現れます。

100726_001

続きを読む Macユーザーのためのemetersライフ[データのアップロード]

コルナゴ2011年モデル「C59」と「M-10」

コルナゴ(COLNAGO)の本国サイトに、2011年モデルの情報が掲載されていることに気づきました。トップページからはまだりんくされていませんが、Google検索にもヒットしていますし、ひとまずC59と、話題の?M-10をごく簡単に紹介しておきたいと思います。

まずはジロ・デ・イタリアですでに実戦投入されていたC59。

100721_c59

C59 Italia | Colnago

C59を使用するBBOXブイグテレコムが今ツールで活躍を見せていて、良い宣伝になってますね。

続きを読む コルナゴ2011年モデル「C59」と「M-10」