PINARELLOが「DOGMA F」を発表

ツール・ド・フランスの開幕に合わせて、PINARELLO(ピナレロ)がフラッグシップモデル「DOGMA(ドグマ)」の2022年モデルを発表しました。

photo_ピナレロジャパン

シンプルに「F」を冠した新世代DOGMA

全面刷新となったDOGMA、そのモデル名はシンプルに「DOGMA F」となりました。

PINARELLOはエンデュランスモデルやグランフォンドモデル、そして軽量バージョンのエボリューションモデルを用意したことはあっても、いわゆる「エアロロード」や「ヒルクライムに特化した超軽量モデル」といったものは出してきませんでした。

photo_ピナレロジャパン

今回のDOGMA Fも、DOGMA F12の正常進化版と言えるオールランダーです。シルエットはF12と極めて似ていますが、軽さ、エアロ性能、剛性、そしてデザインのバランスをさらに高めていると言います。

photo_ピナレロジャパン

今どきのフラッグシップモデルとしては珍しく、ディスクブレーキ仕様だけでなくリムブレーキ仕様のフレームも用意されているのが特徴です。プロチーム「イネオス・グレナディアーズ」の選手たちは、現在開催中のツール・ド・フランスに、DOGMA Fのリムブレーキ仕様で参加しています。

おそらく多くのホビーライダーにとってはディスクブレーキのメリットが大きいでしょうが、リムブレーキモデルの軽さやライディングフィールを好む人も少なくありません。「リムブレーキの高性能ロードバイクが欲しい」のであれば、DOGMA Fは貴重な選択肢となります。

ディスクブレーキとリムブレーキが選べるだけではなく、サイズ展開が多いのも特徴です。430、465、500、515、530、540、550、560、575、595、620と、11種類ものフレームサイズが用意されます。

どんなショップがどんな売り方をするのか

DOGMA Fの価格設定は、ディスクブレーキ仕様、リムブレーキ仕様ともにフレームセットで935,000円(税込)。MOSTブランドから発売されているインテグレーテッド・ハンドルセットをプラスすれば100万円オーバー、カーボンホイールと上位グレードの電動コンポーネントを組み合わせれば180万円以上は当たり前——といったところ。

PINARELLOのフラッグシップともなればそのような価格設定も許されるでしょうし、過去に一部のモデルがフレームセットで100万円を超えたこともありましたから、(買えるかどうかは別に)驚きはありません。とはいえ「来るところまで来たな」とは、思います。

個人的には、どんなお店が、どんな売り方をするのかに興味があります。

PLUTONIUM FLASH(プルトニウムフラッシュ) photo_ピナレロジャパン
ERUPTION RED(イルプションレッド) photo_ピナレロジャパン
BLACK ON BLACK(ブラックオンブラック) photo_ピナレロジャパン

本文

●DOGMA F DISK / DOGMA F スペックと価格
・Carbon Toraya T1100 1K Dream Carbon with Nanoalloy Technology
・Asymmetric frame
・Onda Fork Dogma F with ForkFlap
・TiCR (total integrated cable routing)
・1.5 upper and lower steerer
・Italian thread BB
・Seatclamp Twin Force
・3D printed titanium top seatclamp
・3XAir two positions option for the second bottle cage (サイズ515以上)
・FlatBack profile
・UCI approved
・Rad System disc brake(ディスクブレーキ)
・ディスクモデルブレーキ規格:Disc flat mount 最大160mm リア-TA142
・リムブレーキ規格:Direct mount rim brake
・最大タイヤサイズ 622x28c
・重量: ディスク/865g、リム/860g ※サイズ530; 塗装前
・サイズ:430、465、500、515、530、540、550、560、575、595、620(CC)

価格:
DOGMA F DISK フレームセット 935,000円(税込)
DOGMA F フレームセット 935,000円(税込)

リンク: 【PINARELLO 2022】 THE ART OF BALANCE – NEW DOGMA F 登場 | RIOGRANDE

※世界的な需要増と供給不足により、多くのメーカー・代理店で2022年モデルが在庫僅少や納期未定といった状態になっています。詳しくは取扱販売店にお尋ねください。

(SUGAI Gen)