パナソニックが押し歩き機能搭載の電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」を発表

パナソニック サイクルテックが、「押し歩き機能搭載」を搭載した電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」を発表しています。2021年7月6日発売予定で、価格は129,000円(税込)。

photo_パナソニック サイクルテック

モーターによるアシストが効いているときは楽で快適だけど、駐輪場での取り回しなど、アシストが無関係なあらゆる場面で重さを感じてしまいがちな、電動アシスト自転車。

そこで「ビビ・L・押し歩き」では、スイッチに「押歩き」ボタンを設け、ボタンを押している間だけ極低速の押し歩き機能が動作。しかもサドルが前傾するようになっており、前傾状態になっていないと押し歩き機能も働きません。

乗車装置(=サドル)が使えない状態ではないと機能が働かない、ボタンを押しているときしか機能が働かない——これにより、2019年12月1日施行 改正道路交通法の「歩行補助車等」と「駆動補助機付自転車」のどちらにも適合しているのが最大のポイントと言えるでしょう。

海外の電動アシスト自転車で搭載されている「ウォークアシスタンスモード」を、日本で初めて合法的に搭載したというわけです(過去、違法状態で堂々と日本で発売したメーカーはあり)。

まずは比較的高齢なユーザーが多いモデルから搭載するということのようですが、子供のせタイプなどにも広まるのではないでしょうか。

また、電動キックボードなどの次世代モビリティ実用化のための法整備が進めば、また違った仕組みが出てくるかもしれません。

リンク: 国内初、押し歩き機能搭載電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」を新発売 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan

(SUGAI Gen)

投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。