BRI-CHAN:ANCHOR RL1の自転車通勤向けカスタム

ANCHOR(アンカー)のクロスバイク「RL1」は、スポーツ性能が高くコストパフォーマンスにも優れているのが特徴です。そのRL1を、自転車通勤向けにカスタムしてみました。ブリヂストンの自転車についてのファンサイト「BRI-CHAN」にて紹介しています。

photo_ブリヂストンサイクル

走りの良さや乗りやすさだけではなく、キックスタンドを標準装備するなどして実用性も訴求しているRL1ですが、その車体を細かくみていくと意外と割り切った作りをしていて、例えばフェンダー(泥除け)の装着は考慮されていなかったりします。

もし通勤で使うなら、雨の日はもちろん雨上がりのことも考えて、フェンダーはぜひ取り付けたいところ。その他にも、RL1を通勤で使うのにぴったりなパーツ&アクセサリーを装着してたのが、上の写真です。

「BBB」のフェンダーや、500mlペットボトルが保持できる「TOPEAK(トピーク)」のボトルケージ、そして携帯ポンプ、さらには、メカトラブル対策に「KCNC」のかっこいいディレイラーガード(写真右)などをセレクト。なかなかうまくまとめられたんじゃないかな……と思います。

詳しくはぜひ「BRI-CHAN」の記事でごらんください。

リンク: ANCHORのクロスバイク「RL1」を自転車通勤仕様にカスタム! – BRI-CHAN

●BRI-CHANとは
日本を代表する自転車メーカー・ブリヂストンサイクルのファンサイトとして、2016年1月よりスタート。CyclingEXが編集部(チーフブロガー)として参加しています。
リンク: BRI-CHAN – bridgestone greenlabel fan channel「ブリチャン」

(SUGAI Gen)

投稿者:

須貝 弦

須貝 弦(すがい・げん):1975年東京都新宿区生まれ、川崎市麻生区在住。雑誌原稿の編集・取材・執筆の他、企業Webサイトやオフィシャルブログの制作にも携わる。自転車と小田急ロマンスカーが好き。初めてのスポーツ自転車は1986年あたりのアラヤ・マディフォックス。2001年頃にGTのクロスバイクで数年ぶりにスポーツ自転車に復帰。現在のメインの愛車はグラベルロードバイクのGT GRADE ALLOY。