CannondaleがSuperSix EVO CarbonとCAAD13にRival eTapモデルを追加

キャノンデール・ジャパンが、SRAMの新型電動ワイヤレスコンポーネント「Rival eTap AXS」を搭載したモデルを、SuperSix EVO CarbonとCAAD13に追加しています。

photo_キャノンデール・ジャパン

自転車の世界では、2021年モデルの追加発表と2022年モデルの早期発表が入り乱れている時期ですが、今回の2車種は「2021年コレクションの追加モデル」と説明されています。

●SuperSix EVO Carbon Disc Rival AXS

photo_キャノンデール・ジャパン

軽量なオールラウンダーとして人気のあるSuperSix EVOに、Rival eTap AXSを搭載。しかもダウンチューブロゴが復活しています。ホイールをDT Swiss R470とするなどして、価格が抑えられているのもポイントです(こういう売り方、増えましたね)。

photo_キャノンデール・ジャパン

カラー:MAT
サイズ:48、51、54、56
価格:528,000円(税込)

●CAAD13 Disc Rival AXS

photo_キャノンデール・ジャパン

デビュー初年度に、Force eTap AXS完成車が設定されていたCAAD 13。2021年モデルではその設定がなくなってしまっていましたが、今回Rival eTap AXS完成車が登場しました。こちらもダウンチューブにロゴが入ります。

photo_キャノンデール・ジャパン

カラー:ULV
サイズ:48、51、54、56
価格:401,500円(税込)


各製品の詳しいスペック等は、キャノンデール・ジャパンのWebサイトでどうぞ。

リンク: キャノンデール | Cannondale Bikes – Creating the Perfect Ride

(SUGAI Gen)